Select Language



【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



日常にスパイス 03

1月某日、機会に恵まれ、北陸は石川県へ
旅行へ行くことができました。

いつか降りしきる雪を撮影したいと思っていましたので、
絶好の機会と思い、23時新宿発の夜行バスに飛び乗りました。

バスで揺られること約8時間。トンネルを抜けるとそこは・・・
というわけでもなく、現地石川県金沢市は冷たい雨でした。
前日までに薄く積もった雪も雨によって流れてしまって、
これと行って雪が積もっているわけでもありません。
落胆しながら一日を過ごし、その日は眠りにつきました。

翌日、目を覚ますと、外が非常に静かであると感じました。
障子を開くと、外は一面真っ白な雪景色に変貌していました。
さっそく、カメラを持って出かけることとします。

今回の撮影機材は、最新機種であるD850。
レンズは、AF-S 24-70mm F2.8G EDとAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


まずはマニュアルフォーカスレンズをつけてスナップ。
兼六園はご覧のような雪景色となりました。
より荘厳な雰囲気が漂います。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


続いて東茶屋街へ移動。古い佇まいの家屋が多く立ち並んでいます。
フォーカスを外してしまいました。久々にMFを使うと難しく感じます。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


東茶屋街そばの急坂を上ると、街を一望できました。
それにしてもすごい雪。遠くまで見ることができません。
雪を踏みしめる音が、なんとも心地よいです。

しばらく歩いた後、昔ながらの喫茶店で
少し雪宿りなどをしつつ、その日の撮影は終了としました。

翌日は、七尾線を使って能登島、和倉温泉方面へ。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


バス停の近くで一枚。
この日からAF-S 24-70mm F2.8G EDをメインに使用しています。
D850との組み合わせでは、旧大三元にふさわしい
ポテンシャルを発揮します。
あえてISO感度を64まで下げてみると、
その階調の表現能力に驚かされます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


駅でスナップを一枚。
露出を少しアンダー目にしているのは、
雪の反射でオーバーになることを避けるためですが、
この場合だと、なんだかドラマチックな雰囲気になりました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


雪道で一枚。なんだか少しうっそうとした雰囲気です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


少し高い丘の上から撮影。水のグラデーションがきれいで、
なんだか吸い込まれてしまいそうな魅力があります。
この色表現能力も、D850の魅力です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


歩き続けると、晴れ間が見えました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


大きく厚い、雪を降らせる雲から、光が差していました。
日本海側の厳しさと、それによって育まれる
環境を如実に感じることができます。

こうして、石川県旅行を終えました。
実際にD850を使用してみてまず感じたのが、
その高画素ゆえの表現力の高さです。
画素数が高いことによって描き出される細部のディテールや、
低感度時のダイナミックレンジ、階調表現の豊かさ。
前機種であるD810のベースは踏襲しつつ、
確実にさまざまな機能を堅実にグレードアップして、
すばらしい機種として一段階上のステージへと
上ったように感じました。

また、すでに一つ前の型となったAF-S 24-70mm F2.8G EDは、
全域を通して開放から使うことができます。
過酷な北陸の冬景色も、しっかりと写し取ることができました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8は、
マクロレンズでありながら非常にシャープネスが強い、
風景撮影も可能なオールラウンダーなレンズです。
Nikonのフィルムカメラとデジタルカメラを併用している方や、
お手頃な価格でシャープネスの強いレンズを探されてる方に
お勧めのレンズとなります。

新品D850は2/7現在、ご予約の状況となりますが、
これから一年間の撮影で活躍すること間違いございません。
是非ご予約ください。

AF-S 24-70mm F2.8G EDは、中古でのお求めですと、
現行AF-S 24-70mm F2.8E ED VRのおおよそ半額程度となっております。
お求め安い価格で大三元の一つを手に入れることができるチャンス!
こちらも是非チェックしてみてください。



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]