Select Language



【OLYMPUS】馬の写真を撮ろう!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

競馬というとギャンブルのイメージが強い方もいるかと思いますが、スポーツという面からも大きな魅力が詰まっています。

とりわけ本日は馬の撮影についてスポットを当てていきたいと思います。

今回足を運んだのは浦和競馬場。

【撮影機材】
OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II


競馬場に行けばいつでも馬に会える訳ではなく、
関東の地方競馬は大井→川崎→船橋→浦和の4箇所を基本1週間交代で平日に開催しています。

また、水曜日は重賞が開催されることが多いので、それ以外の平日に行くのが吉。人も少なく撮影にはお奨めです。

大井競馬場はこれからの季節はナイター開催があり、最終レースは20:50発走というスケジュールが多いとのこと。
光り輝く中、地響きを立てて疾走する馬を見るのも一興。
仕事帰りに友人と一杯楽しみながらの撮影も楽しそうです!

最近の競馬場は芸能人をゲストに呼んだり、キッズスペースやアトラクション等もあって、子供も安心して連れて行ける環境が整備されてきています。
私の息子も保育園の散歩で競馬場に行っていました。

これならパパが競馬に夢中でも安心です。
(夢中になりすぎないように注意!)

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

胸高まるスタートの瞬間!
浦和競馬場は観覧席とコースの間が柵1つでとても近いので望遠側は200mm程度で十分対応できます。

こちらは浦和競馬場1400mのレース。
手前からスタートになるので目前でカメラを構えることができます。

1600mのレースは第4コーナーの奥からスタート!
たくさんの馬がコーナーを抜けてこちらに向かってくるので激写のチャンスです!

その他の短距離と多くの長距離走は第2コーナー奥からスタートになります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

撮影は100mm(35mm判換算)
目の前を通過する時は広角がもっとないと寄りすぎてしまいます。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

ゴール寸前。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

パドックにて。
レースを走る直前の馬の状態をチェックできる場所でグルグルと周回している馬を見ることができます。
ここで最後にジョッキーが馬に跨り周回をするので目線を頂くチャンスは本馬場よりもこちらが多いです。


E-M5 MarkIIの本体は右手のグリップが浅いですが、別売りのグリップHLD-8Gを装着するとしっかりと握り込めました。

高感度に少し弱いところがありますが、ノイズの乗り方も自然で破綻することもないところがGOODです!
屋外の動体撮影では十分に対応できました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIもコンパクトながらも実に便利なレンズだと感じました。
マイクロフォーサーズなので望遠側でもボケにくいところはあるものの、周辺の歪みは最小限に抑えられていて、AF速度も文句なし!
常用レンズとして付けておくには、もってこいです。

今では馬券もレース映像もネットで見られて購入もできますが
それでもぜひ一度、走る迫力と引き締まった肉体が作り出す馬の魅力を体感してみてはいかがでしょうか。













〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]