【Leica】お花見ライカ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】お花見ライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



例年より早かった、東京の桜の開花。 その後の好天もあり、気がつけばあっという間に満開に。

ただでさえ、何となく気が急くこの時期にあって、一刻の猶予もないといった状況です。

そんな時、桜をサクサク撮る(……)のに適したライカカメラといえば、これ!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


ライカ CL です。

ライカ初のミラーレス機として 2014年4月に登場した ライカT(Typ701)。
その流れをくみながら、大幅に進化した ライカ CL は、2017年12月の発売以来、大変な人気を博しています。

今回は、その ライカ CL に、これまた人気の広角ズームレンズ

スーパー・バリオ・エルマー TL11‐23㎜ F3.5‐4.5 ASPH.を装着して、

春の暖かな日差しのもと、横浜の山手地区にある西洋館の数々を訪れてみました。

まずは、みなとみらい線 元町・中華街駅下車すぐの「港の見える丘公園」に。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


本当に良い天気。 澄み渡った青空と海の中にベイブリッジが映えていました。

きれいに整備され、色とりどりの花が咲き誇る花壇を眺めながら進むと、ありました、お目当ての桜の木が…



Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


まさに満開です。
35㎜判換算 約17~35㎜相当の画角は、満開の迫力を表現するのにうってつけ。
人も少なかったので、あれこれアングルを変え、バシャバシャとシャッターを切りました。

そして、園の端にある「横浜市イギリス館」へと。

山手地区の西洋館は、どこも入場無料、写真撮影も他の見学者の迷惑にならないようにすればOKということで、なんともうれしい撮影スポットです。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


邸内は少し暗め。 その昔、持参したライカ M3では撮影できなかった趣ある調度品の数々も、CLなら気軽に、そして味わい深く撮影できました。

館を後にし、「山手外国人墓地」の脇を進むと、隣接する「元町公園」にも見事な桜が…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


「エリスマン邸」「ベーリック・ホール」と続きます。
邸内には、イースターの装飾が… ハロウィンのかぼちゃと違って、イースターの卵はさすがにまだなじみが薄いか…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


次の洋館に行くと途中に、素敵な教会が…

青空に向かって伸びる尖塔を広角で狙います。

 + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


最後に訪れたのは、「山手イタリア山庭園」内にある「ブラフ18番館」「外交官の家」の2棟。

この時、すでにJPEGで300枚ほど撮影していて、バッテリー交換が必要になりました。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


TL11‐23㎜ は、標準ズームのTL18‐56㎜より少し全長が長く、径も大きくなります。
TLシリーズだと、装着するとちょっとバランスが悪くなりますが、CLならファインダーを覗くことでホールディングが安定するので、軽快に超広角撮影を楽しむことができます。

これからの季節、この組み合わせはおススメです!!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]