MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Leica】お花見ライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



例年より早かった、東京の桜の開花。 その後の好天もあり、気がつけばあっという間に満開に。

ただでさえ、何となく気が急くこの時期にあって、一刻の猶予もないといった状況です。

そんな時、桜をサクサク撮る(……)のに適したライカカメラといえば、これ!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


ライカ CL です。

ライカ初のミラーレス機として 2014年4月に登場した ライカT(Typ701)。
その流れをくみながら、大幅に進化した ライカ CL は、2017年12月の発売以来、大変な人気を博しています。

今回は、その ライカ CL に、これまた人気の広角ズームレンズ

スーパー・バリオ・エルマー TL11‐23㎜ F3.5‐4.5 ASPH.を装着して、

春の暖かな日差しのもと、横浜の山手地区にある西洋館の数々を訪れてみました。

まずは、みなとみらい線 元町・中華街駅下車すぐの「港の見える丘公園」に。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


本当に良い天気。 澄み渡った青空と海の中にベイブリッジが映えていました。

きれいに整備され、色とりどりの花が咲き誇る花壇を眺めながら進むと、ありました、お目当ての桜の木が…



Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


まさに満開です。
35㎜判換算 約17~35㎜相当の画角は、満開の迫力を表現するのにうってつけ。
人も少なかったので、あれこれアングルを変え、バシャバシャとシャッターを切りました。

そして、園の端にある「横浜市イギリス館」へと。

山手地区の西洋館は、どこも入場無料、写真撮影も他の見学者の迷惑にならないようにすればOKということで、なんともうれしい撮影スポットです。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


邸内は少し暗め。 その昔、持参したライカ M3では撮影できなかった趣ある調度品の数々も、CLなら気軽に、そして味わい深く撮影できました。

館を後にし、「山手外国人墓地」の脇を進むと、隣接する「元町公園」にも見事な桜が…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


「エリスマン邸」「ベーリック・ホール」と続きます。
邸内には、イースターの装飾が… ハロウィンのかぼちゃと違って、イースターの卵はさすがにまだなじみが薄いか…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


次の洋館に行くと途中に、素敵な教会が…

青空に向かって伸びる尖塔を広角で狙います。

 + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


最後に訪れたのは、「山手イタリア山庭園」内にある「ブラフ18番館」「外交官の家」の2棟。

この時、すでにJPEGで300枚ほど撮影していて、バッテリー交換が必要になりました。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


TL11‐23㎜ は、標準ズームのTL18‐56㎜より少し全長が長く、径も大きくなります。
TLシリーズだと、装着するとちょっとバランスが悪くなりますが、CLならファインダーを覗くことでホールディングが安定するので、軽快に超広角撮影を楽しむことができます。

これからの季節、この組み合わせはおススメです!!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]