【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編)

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]




3.5F&2.8F


5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。
カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。

ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。
それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては…

そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。

「二眼レフカメラ? 何それ??」という方は、上の写真を。 文字通りレンズ2つのカメラです。

なんともノスタルジックなスタイル!
下のレンズが撮影レンズ、シャッターが組み込まれていてフィルムに露光します。
上のレンズはフォーカスレンズ、カメラ内部にミラーが入っていて上部のスクリーンに像を写し出します。
ピント合わせは上から覗き込むようにして行います。
…そう、撮影スタイルもかなり独特なカメラなのです。

フィルムは、ブローニーフィルムという中判カメラ用のものを使い、1本で12枚撮影できます。
たった12枚! …そう、ですので撮影も自ずとじっくり慎重になります。

大きなスクリーンに映し出される景色を丁寧に切り取っていると、周囲とは流れる時間が異なっているように感じられ、自分と被写体だけの特別な世界に身を置くことができます。

2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


さて、この二眼レフカメラ、フィルムカメラの中でもかなり人気が高く、お問い合わせも多いカメラなのですが、実はこのところ品薄状態が続いていました。
というのも、マップカメラではカメラ買取後、専門の修理業者にメンテナンスに出し、点検・修理を行ったうえで商品化しています。
どうしても、クラシックカメラほどその期間が長くなってしまうのです。
でもこれは、お客様に安心してお使いいただくために必要不可欠なこと。 我々も一日千秋の思いで待ち続けました。

そしてこの度、そんな点検を終えた子たちが店頭に並び始めました!

どれもシャッター調整やレンズクリーニングを施された、実用性に富んだ、活きのいい子たちです!

二眼レフをこよなく愛する売り場スタッフ(はい、私です…)も、カメラを手にしてシャッターを切った瞬間、思わず「欲しいかも…」と唸ってしまう個体ばかりです。

3.5F

通好みの シュナイダー・クセノタール 75mm F3.5 付き。 


3.5F

珍しいカール ツァイス オプトン名義のプラナー。 東西ドイツ分断時の歴史を物語る1台!


2.8F

120/220フィルム切替機能が付いた最終モデルも!

(上記写真の個体は、2018年5月21日時点の在庫からです。 売り切れの際はご了承ください。)


皆様もこの機会に、中判カメラの雄、ローライフレックスをご自分の愛機にしてみては!

勿論、これからも続々入荷予定ですが、そこはそれ、一期一会の中古品、迷っていたら別の人の手に渡ってしまうかも…
是非、早めのご決断を!
3.5F&2.8F







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]