Motorsports photo #2 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]




「5月6月サーキット撮影-Nikon・PENTAX-」


6月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
夏場の撮影は体調管理に気をつけながら行ってくださいませ!

筆者、最近のモータースポーツシーンで衝撃だったのが「TOYOTA GAZOO Racingがル・マン初制覇」をしたことであります。
このニュースはモータースポーツファンとして、とてもうれしい出来事でした!
10月には富士でもFIA世界耐久選手権が開催されるので今から楽しみであります。
さてさて、今回の撮影は「2018 AUTOBACS SUPER GT Round2 富士GT500km Race」×「ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」です。

まずは5月の富士GT500kmレース。撮影機材は「Nikon D4SIGMA S 500mm F4・TC-1401」の組み合わせと
Nikon D500Nikon AF-S 300mm F2.8G ED VR II」です。

Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401
Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401

1コーナー内側からの撮影です。フェンスがあるため、脚立などに乗って撮影されている方もたくさんいる撮影ポイントです。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II

ダンロップコーナー立ち上がりでの撮影です。
ここのポイントはたくさんの方が撮影されているので、ズームレンズを一本持って行くことで、場所を気にせず撮影できると思います。


そして6月の富士SUPER TEC 24時間レース。撮影機材は「PENTAX K-1 Mark IIHD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW」の組み合わせです。
富士スピードウェイでは、50年ぶりの24時間レースの開催。写真を撮る楽しみもありましたが、夜間走行を観戦できるワクワク感もありました。

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

K-1 Mark IIが動体撮影に強いイメージはなかったのですが、かなり楽しく撮影できました。サーキット撮影でもオススメです!!

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

夕暮れの撮影はよくしておりますが、夜間のレース撮影は初めての経験。
暗くて難しいイメージでしたが、照明のおかげもあり明るいなと感じました。(もちろん真暗な場所もありますが)
来年も24時間耐久レースがあれば、今回の反省を生かして撮影に臨みたいです。
次回は全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦を撮影する予定です。
暑さに負けず撮ってきたいと思います!!

↓使用した機材です↓














〓〓新製品〓〓〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]