夏こそ、MicroFourThirds | THE MAP TIMES 
Select Language



夏こそ、MicroFourThirds

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年07月17日 13時00分]


暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル!
シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない!
夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠!
夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、
マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です!

甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機

OM-D E-M1 Mark II LUMIX DC-G9 PRO
AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メカシャッターでの連写も速く、より動体撮影に優れたモデルと言えます。またG9PROよりも携帯性に優れている部分も大きなポイントです。 握りやすい大きなグリップにAFスティックを搭載するなど、操作性に優れています。大きな有機ELファインダーは解像度も高く、発色も綺麗です。また上部にサブ液晶が搭載されているので、各設定値が一目瞭然。メイン液晶の表示もスッキリし、一眼レフと似た感覚で撮影できます。
お得なオリジナル
レンズセットもございます!

E-M1 Mark IIのショッピングはこちら


お得なオリジナル
レンズセットもございます!

G9 PRO のショッピングはこちら




気になる描写力は「エビフォト」&「Kasyapa」でご確認ください。
OM-E E-M1 Mark II エビフォト LUMIX G9 PRO エビフォト
OM-D E-M1 Mark II Kasyapa LUMIX G9 PRO Kasyapa


夏を撮る

花火 夏の風物詩といえば花火大会。撮影には三脚が必需品と言われていますが、対応レンズとの組み合わせで6.5段分の補正性能を実現した、両機なら手持ち撮影も可能にします。レンズの焦点距離にもよりますが、標準域ならシャッタースピード2秒でもブレのない写真が撮れました。
基本は三脚を使用したほうが安定しますが、混雑した場所など、三脚が使用できない場所でも十分に撮影が楽しめます。

そこで重要になるのがレンズ選びです。同じマイクロフォーサーズ規格でも、ボディとレンズのメーカーが異なるとシンクロ補正せず、ボディ内だけでの補正になりますのでご注意ください。すなわち6.5段分の補正性能を得るには、オリンパスのボディにはオリンパスの対応レンズを。パナソニックのボディにはパナソニックの対応レンズをご用意ください。
改めてレンズラインアップを見てみると、こちらも甲乙つけがたいレンズが揃っています。ボディ選びに悩んだら、使いたいレンズから選ぶのも選択方法の一つです。







レンズ一覧はこちら


身体への負担を考慮する

疲れやすい暑い季節は身体への負担も考慮し、軽い機材がおすすめです。夏休みの旅行はもちろん、日々のお出掛けにも気軽に持ち出せることがポイントです。

旅行のお供に最適な高倍率ズームで出掛ける場合

重さ比較1

動物園や飛行機撮影を望遠ズームで楽しむ場合

重さ比較2

揺るぎない信頼性

防塵防滴 夏の撮影で注意しなくてはならないのが突然の夕立です。強い雨が降った際は傘を準備していても身を守るだけで精一杯。カメラも過酷な環境下に耐える高いポテンシャルを備えましょう。
各所に施されたシーリングが水しぶきはもちろん、砂などの侵入を防ぎますから、砂浜など水辺の撮影にも安心して持ち出すことができます。


フラッグシップ機譲りの高性能機能を搭載

魅力的なモデルが揃うマイクロフォーサーズ機










〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年07月17日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]