Select Language

【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm

[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]


SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


単焦点の凄さを思い知らされる24mm


今回、私が使用したのは、6月14日に発売されたばかりの新レンズ「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)」です。
新レンズと言っても、ニコン/キヤノン/シグママウント用は、発売から既に3年ほど経過しており、「マウントコンバーター MC-11」を介せは、すでにSONY Eマウントボディでも使用できた本レンズ。
でも私には、純正マウントにこだわる理由があります。

「雨男」...。私の休みの日は、決まって天気が悪いのです。
最近では毎週通っている病院でも、「今日も雨ですね」が挨拶になってしまいました。
高い精度の真鍮製マウントを採用していても、隙間から水が入る恐れがある以上、接合部は少ないに越したことはありません。
そして撮影に出掛けた日も雨でした。

訪れたのは江戸時代に作られた学問所「湯島聖堂」。駅から近い聖堂は、平日でも多くの観光客の姿を見かける場所ですが、雨の日は見学者が少なくゆっくり撮影が楽しめます。
こういう時だけ、雨男で良かったと思います。
入口から石段を上がると正面に間口20mの杏壇門が。24mmの広い画角でも、石段を降りないを全景を捉えることができません。そして門の奥に母屋である大成殿を見ることができます。
雨に濡れた聖堂は、艶が増ししっとりとした印象です。大きな木々の隙間から光が差し込む難しいシチュエーション。
大きい明暗差により露出を決めるのに苦労しましたが、屋根の白トビを抑え、屋根下の黒つぶれもありません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

湯島聖堂の裏手は神田明神。
丁度撮影した日が七夕の直前ということもあり、境内にはたくさんの七夕飾りが置かれていました。私が訪れてしまったがために、織姫も彦星も雨で天の川が渡れないかもしれません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

広角単焦点レンズの楽しみの1つに接写があります。本レンズも25cmまでの近接撮影が可能で、マクロレンズのような使い方も可能です。
お神輿の細かな装飾もご覧のとおり。年期を感じさせつつも、大事にされている様子が伝わります。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

大口径ならではの大きなボケ味はとても柔らかく綺麗の一言です。ボケの大きな周辺部でも線の細い上品な描写で、ピント面と同じ質感を維持しています。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

歪みのない広角レンズは、直線を綺麗に描いてくれます。建物の撮影にとても重宝するレンズです。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

夕方になり、雨が上がったものの厚い雲が空を覆います。
ここ連日の猛暑を考えれば暑さが和らいだ分、逆に運が良かったのかもしれませんが、広角レンズの爽快感を味わうには、やはり青空の下がベストでしょう。
若干影になりつつも駅舎のレンガ地まで捉える高い解像力は、さすがArtレンズと言ったところでしょうか。

個人的には、スナップ撮影には35mmが最適なレンズだと思っています。それでもAPS-Cカメラと併用していると、どちらでも使えるフルサイズの24mmは意外と便利なレンズです。

小型軽量が魅力のSONY α7シリーズに対して、「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM」は少々大きめのレンズです。
高性能なズームレンズも24mmをカバーし、 大きさもほぼ同等とを考えると、なかなか手にしづらいレンズかもしれません。
それでもF1.4の大きなボケ味や、広角レンズならではの近接撮影、周辺部までシャープに捉える切れ味の良さなど、本レンズでしか味わえない描写を目にすると、やっぱり単焦点レンズは凄いなと思い知らせれます。
24mmはズームレンズで持っているから必要ない、と思わないでください。ズームレンズとは違った便利さが伝わる1本です。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!28票


503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
本日もまた写真日和。六日目。

本日もまた写真日和。六日目。[2019年12月10日]

燃える炎の様な赤、紅葉、秋。 9月の中旬、前回のブログでまさに“燃えるような秋”と口走りました。 11月の下旬、隣で画角を追い込みながら、その人は呟きました。 「なんか、炎って真っ赤じゃないし…なんというか、そうじゃないよね」 そっかぁ… あれほど、やれ春だ夏だ、やれ7月だ、9月だ、と騒いでいたにもかかわらず、秋をすっ飛ばしてしまった私でございます。 金木犀に酔...
続きを読む
APO-LANTHAR 50mm F2 ASPH.

【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical[2019年12月10日]

ss1/50 F2.0 ISO100 長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。 そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。 APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。 発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。 ss1/1600 F2.0 ISO100 最早多くを語...
続きを読む
【SONY】RX100 M7で巡る紅葉の京都

【SONY】RX100M7で巡る秋の京都[2019年12月09日]

F4 1/50 ISO-400 47mm 京都嵯峨野 宝筐院庭園 今年の秋、最新機種のRX100M7を片手に京都の旅へ。 ハイシーズンでかなりの混雑でしたが、RX100M7の高倍率ズームを利用して上手く人の混雑をよけて撮影してきました。 F4 1/80 ISO-640 72mm 京都嵐山にて食事をしていたところ、 お店の方に『宝筐院(ほうきょういん)が今紅葉が見ごろで綺麗ですよ』と言われ、行ってみました。 言わ...
続きを読む
UV-Nikkor

【Nikon】栃木ニコン製UV-NikkorをZ6で撮影するとどう写るのか【カメラを愉しむ vol.6】[2019年12月09日]

知るひとぞ知る希少レンズ。 医学写真や科学写真用に開発された『UV-Nikkor』 中古カメラ市場でも滅多にお目にかかることができない希少玉。 弊社でも2007年に一度お買取をさせて頂いたが、それ以降12年ぶりの入荷。 2007年頃はNikonもD70やD100辺りが全盛期の時代で、マウントアダプターと言ったカメラの遊び方も浸透していない頃。 今回は時代を超えたコラボレーション 『Nikon Z6 × マ...
続きを読む