【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]


水墨画の古民家in徽州

久々に帰省し、家族と近くの観光地に行ってきました。
家から車で約2時間、
日本ですと遠く感じてしまいますが、中国で言うとかなり近いです。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回の訪れた先は黄山の麓にある古村落「宏村」です。
南宋の紹興元年(1131 年)に建造されました。
宏村は、代表的な徽派建築で、
そのほとんどが19世紀に消滅したり、姿を変えてしまったりした中国古代農村の面影を残しています。
道の様式や旧建築、装飾物、給水システムなどが整備された住居群は、特色の強い文化遺跡となっています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

ちょうど夏休みの終わりぐらいで、お子様連れの家族を多く見かけました。
周りが山に囲まれており、とても涼しかったです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

蓮がキレイに咲いています。
宏村は水墨画のような美しさから、中国国内から人々が写生に訪れる「中国画里郷村」と呼ばれて愛されています。
池の向かい側には、至る所で絵を描いていた芸術学校の生徒さんがいました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R


徽派建築の特色といえば、
独特な高壁、反り上がったひさし、馬頭牆(階段状の切妻壁)、飾りもようのある窓枠、広間など。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

馬頭牆は文字通り、横から見ると、馬の頭の形をしているから、こういう名前をつけられました。
古代、徽州の殆どの建物は木造で、限られた土をうまく利用するために、ぎっしりと家屋が並んでいます。
素朴ながらも厳かです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
しかし、家屋が密集しており、一度火災が発生すると被害が広範囲になる為、
高い壁で被害を最小限にしています。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の南側に位置する大きな湖に戻ります。
湖岸に残るかつての私塾「南湖書院」は、清の嘉慶19年(1814年)に住民の出資によって建てられました。
格子造りの玄関をくぐると、講義が行われた部屋があります。
堂内には様々な木彫りの彫刻があり、精巧で生き生きとした様子は、現在でも輝きを失っておりません。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
奥行きが深く、さらに奥へ進むと、書生たちのために孔子の位牌を祭った文昌閣などもありました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
望湖楼
勉強の隙間に湖をのぞきながら休憩するところのようです。
扉は開いていますが、人の気配がなくて入りませんでした。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の中心部へ向かうと、路肩に石で築かれた水路が続き、清らかな水が流れています。
住民たちがその水を使って、洗濯をしたり、野菜を洗ったり今も生活用水として利用しています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回は観光客が多くて、落ち着いて写真撮る事ができませんでしたが、
こちらの写真を通して少しでも中国旅行に興味を持ってきていただければ幸いです。
短い旅のお供は愛用のFUJIFILMを使いました。
何よりも直感的な操作とFUJIFILMの色に魅了されています。
これから新たに発売されるX-T3も楽しみにしております。
今度は動画撮影にも挑戦してみようかなと思います。

▼FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R▼












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]