究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 | THE MAP TIMES 
Select Language



究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]


人間の目のF値は1.0と言われおり、今回使用したレンズの明るさはF0.95。
肉眼より明るいレンズで撮影すると夜景はどの様に写るのでしょうか。
今回は現行販売されているレンズの中でもトップクラスの明るさを誇る
中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」を使って撮影してみました。

今回撮影した映像

使用機材:SONY α9+中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95
撮影設定:F0.95/4K24fps記録 ISO AUTO(100~6400)で撮影

動画撮影時はフレームレートの関係からシャッタースピードを大きく下げて露出を調整するのは難しく、今回のような街灯の殆どない無い場所では明るいレンズが力を発揮してくれます。
また、暗所ノイズに強いα9と組み合わせることで肉眼よりも明るく鮮明な映像が撮影できました。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

目視では確認することが出来なかった建物の色や質感など細かなディティールまで写し込んでいます。
カメラの高感度性能も重要ですが、ライトなどを一切使わず環境光だけでここまで撮影できるとF0.95の恩恵を十分体感できます。

実際の暗さが分かりにくいため、比較用に同じ場所をスマートフォンで撮影した画像です。

全体的に暗く、提灯の明かりが確認できる手度ですが肉眼で見えたイメージに近い明るさです。
この画像を見ると撮影場所の暗さがお分かり頂けると思います。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

F0.95だけあって絞り解放であれば背景は大きくボケてくれます。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

光源が入ると大きくフレアが発生しますが、このフレアをあえて取り込むことで印象的な映像にも出来そうです。
嫌われがちなフレアですが映像表現の一つとして活用するのも面白いと思います。

今回の撮影はすべてF0.95で行いました。
絞り開放だと周辺減光やレンズの解像感の甘さが目立ちますがオールドレンズを彷彿とさせる独特の描写が動画に良いアクセントを加えてくれます。
絞りもクリック感のない無段階絞りなので動画にも最適です。

▼今回の使用したカメラ&レンズはこちら▼



スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]