Motorsports photo #4 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #4

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]


「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」


前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。
今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。
今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮でした。
レース結果としてはトヨタ7号車が今季初優勝。2位にはトヨタ8号車と続きワン・ツーフィニッシュとなり母国レースで最高の結果となりました。

さてさて、今回の撮影機材は「FUJIFILM X-H1にXF100-400mm・XF1.4X TC」になります。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/100)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/125)

今回はテレコンバーターを使用しましたが、そこまでAFも迷わずに撮影できました。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/60)

連写で撮影するのではなく、シングル撮影をしてみました。これもまた楽しい。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/320)

少しシャッタースピードを早くして撮影してみました。ピタッと止まっている写真もたまにはいいかもしれません。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)

サーキットでFUJIFILMを使用するのは初めてでした。第一印象は「コンパクトで軽い」機動力抜群でした。
様々な撮影ポイントに動き回る際に、この軽さは武器になります。
周りで撮影されている方たちは、「バシャバシャ」といい音を鳴らしている中、無音で撮っていると、本当に撮れているのか不安でしたが、その感覚を味わえるのもミラーレスカメラの楽しさなのかもしれません。
実は筆者、今回の撮影ではNikonの機材も使用し撮影してきております。話題のミラーレスカメラ「Z7」を使用したものもありますので、後日公開できればと思います。それまでしばらくお待ちください!


↓使用した機材です↓










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]