【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/1250 F2.0 ISO100

CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。
まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが
一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのラインナップを鑑みての40mmなのでしょう。それにしても定番どころを外すのはチャレンジングだなあと感じました。
今回はこの40mmという渋い画角にF2.0という明るさ、更には最短撮影距離24cmと数字だけ見ても魅力的なレンズ。
短時間ではありますが撮影に及んでまいりましたので、ご覧ください。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO800

型式に「CF」と入っていますが恐らく「CloseFocus」の略式なのでしょう。
前述しておりますが本レンズの最短撮影距離は24cmという事で、テーブルフォトなどでも気軽に使っていけるレンズとなっております。フローティング機構が搭載されているので近接撮影でも乱れることなく安定した描写性能を発揮してくれました。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/80 F2.0 ISO100

この日は生憎の曇り空でしたので、ローライトな環境下での撮影がメインとなっています。ご了承ください。
かなり露出を切り詰めての一枚。こういったシーンではレンズ側の性能が足りていないと濁った雰囲気になってしまうと思うのですが、Batis 2/40 CFはなんのそのといった様子。静謐な空気がその場を満たしているようなワンシーンになりました。
センサーも一助を担っていると思うのですがシャドウもとても粘っています。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/250 F2.0 ISO100

ボケの感じを見てみたくてふすまの端にピントを置いて一枚。
F2.0と大口径なレンズになりますので軽く距離を離しても宇十分なボケ量が得られますが、前後共に嫌味のないボケ味だなあと感じます。


α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/50 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

またしてもローライトなシーンですが、より明暗の描き分けの分かりやすいモノクロで。
白と黒でパターンになっていると思うのですが、よく見ると沈んでいる黒の方まで染みなどの模様もしっかりと描き込んでいます。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

ハイコントラストな一枚になっていますが、丁度中間トーンにあたる床の質感がとてもよく出たなあということで採用。
これがCarlZeissの言う「マイクロコントラスト」の高さなのでしょうか。つるんとした光沢は素足で歩くとこの時期はひんやりしていそうです。
踏み締めるとぎいぎいと鳴き、少したわむ。そんな記憶を呼び戻す質感描写は根源的な性能の高さあってこそ。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/320 F2.0 ISO100

次回は晴れの日に撮影に臨みたいものですが、これだけ豊富なトーンを見せられてしまうとコントラストの低くなる曇りの日でも十分に楽しめてしまいます。
他のBatisシリーズ同様、防塵防滴に配慮したシーリングもありますのでこれからの時期天候が優れないシーンでも安心して使っていけるレンズです。

今回はこの辺で。


お求めはコチラから





ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラへお立ち寄りください!
mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]