Select Language




絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材: FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

LAOWA9mm F2.8 ZERO-D

小型の超広角レンズや高倍率マクロレンズなど、個性的なラインアップが揃う「LAOWA」のレンズ群。これまでKasyapaでも4本のレンズを紹介し、コストパフォーマンスの高い優れた性能をお伝えしてきました。今回はさらに魅力的なAPS-Cミラーレス用の超広角レンズ『9mm F2.8 ZERO-D』を紹介いたします。

商品名に「ZERO-D」の記載があるとおり、ディストーションを限りなくゼロに抑えた光学設計を採用。35mm判換算で13.5mm相当の広い画角を持ちながら歪みの影響ない撮影が楽しめます。
若干、4隅に周辺減光が見られますが、隅々までクリアに描写しているのが分かります。広い風景を求め海へ向かったものの生憎の空模様。遠くまで見渡すことは叶いませんでしたが、冬にしては穏やかな波の様子と今にも雨が降り出しそうな空の様子を綺麗に捉えてくれました。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

マクロレンズの開発にも力が入っているメーカーだからという訳ではないと思いますが、本レンズは近接撮影でも優れた性能を発揮します。最短撮影距離は12cm。広角レンズ特有のパースが、早咲きのチューリップを大迫力で捉えます。花びらのグラデーションはもちろん、雄しべ、雌しべまで細かく描写します。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/420秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

近接から奥行きを持たせれば、単焦点ならではの大きなボケ味も楽しめます。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1900秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1900秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

コンパクトながら10群15枚という贅沢なレンズ構成。堅牢性に優れた金属筐体ながら約215gという軽さは大きな魅力です。
今回はレンジファインダースタイルで根強い人気の「FUJIFILM X-Pro2」に装着して撮影しましたが、ファインダー窓にも干渉せず、とても使いやすい印象を持ちました。スナップ撮影に最適なサイズのレンズは、普段の景色を違った雰囲気で切り取ってくれます。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材: FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

街中で見つけたホログラムのオブジェの中を超広角レンズで覗いてみると、周辺光量減と相まって水の中のような不思議な写真になりました。レンズの特徴をより理解すれば、もっと楽しみ方が広がるレンズだと感じます。

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

2017年に同じ"ディストーションゼロ"の「LAOWA 12mm F2.8」で撮影した東京駅のドーム天井で、もう一度トライしました。広角レンズでの1.5mm差(35mm換算で)は想像より大きく、見比べると若干狭く感じますが、肉眼では見えづらい細かなところまで捉える高い解像力に差はありません。

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

スナップ撮影も楽しい超広角レンズ

超広角レンズながらフィルターが装着できるのも嬉しいポイントです。レンズの保護だけではなく、NDフィルターなどを駆使した動画撮影など幅広いシーンでの活躍が見込めます。 また、本レンズは歪みがなく、中央部ではとてもシャープな描写をしますから、トリミングを前提にした撮影にも適しています。ぜひお試しください。


Photo by MAP CAMERA Staff








マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:39票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN 535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』 2019年09月16日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV 534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』 2019年09月08日
焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S 533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』 2019年09月06日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8 532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』 2019年09月01日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む
SONY RX100M7 531:コンパクトの新境地『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』 2019年09月01日
焦点距離:9mm (約24mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY DSC-RX100M7 SONYCyber-shot DSC-RX100M7 躍進するα7シリーズと並行して、RXシリーズも代を重ねるごとにファンが増えているカメラです。従来のコンパクトカメラのサイズを維持しながらも、その性能は最新のミラーレス機並み。鮮明な内蔵EVFを覗き込みながらシャッターを切れば、1インチセンサーとは思えない高画質とレスポンスの良いAF性能に誰しもが驚くは...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |