【SONY】 カメラと旅を。 Ⅳ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 カメラと旅を。 Ⅳ

[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月31日 13時15分]


カメラと旅を。第四弾。
今回は学生時代に研究で訪れたとある猫島と呼ばれる離島の風景とともにカメラの魅力をお届けいたします。
使用したカメラはSONYα5100ズームレンズキット。


SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200



この島は猫島と呼ばれているように、人口80人前後に対してその倍、猫がいます。
港からフェリーで約45分。チケットの判子も可愛いです。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS"

SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS
焦点距離:24mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100



船から降りて早速猫。
動き回りシャッターを押すタイミングが難しい。
上の写真はスポーツモードを使い、画面の向きをかえタッチシャッターで撮影しています。
撮りたい場面で瞬時にカメラを構えシャッターをきる。
スポーツモードなら子猫の予測できない動きも捉える事が可能です。
a5100ならモニターを動かしローアングルで撮れ、画面タッチで合わせたいところに簡単にピントが合います。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100


海辺を散策。
猫も自由気ままにお散歩をしています。
空と海の綺麗な青、また距離のある猫と人物もぶれる事無く1枚の画になっています。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:66mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:320


続いては海辺を離れ、ぐんぐん坂を上ります。
道中も猫と出会う。ついてくる。猫の人の行進の出来上がり。
頂上付近に猫の神社がありました。
『島では昔から、猫は、大漁を招く縁起の良い生き物として親しまれ島民により奉られている』
と書かれた立て看板があり、昔から大切にされていたことが分かります。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/100秒 ISO:100


この写真。この足は自分の足です。
猫に夢中で気づけばブリッジをしながらシャッターをきっていました。
液晶を自由に動かせるので、体が悲鳴を上げなければ撮影可能。
オートで撮影しているのでしっかりと猫にピントが合っています。子猫は興味津々で寄ってきたり、バックの中に侵入してきます。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:210mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO:1600


こちらの写真は珍しくマニュアルモードで撮影しました。
黒猫は難しいです。
白とびをしてしまっていますが毛のふわふわが表現できた1枚になったと思います。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200


今回の旅では180度チルト可動式液晶モニターとタッチシャッターがとても役に立ちました。
カメラの知識がなくても簡単に撮影が可能。
カメラを始めるきっかけにこの1台をおススメ致します。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:174mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200


















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月31日 13時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]