【Leica】私のライカライフ ~focus!~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~focus!~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月06日 19時30分]





2月20日にライカブティックMapCamera Shinjukuはオープン6周年目を迎えます。
今年も多くのお客様に一緒に6周年をお祝いいただけるよう、様々なイベントを企画しておりますのでどうぞお楽しみください。

さて、その一環で始まりましたライカユーザーによる「私のカメラライフ」ですが
第2回目は本館地下スタッフAがお届けいたします。よろしければ最後までお付き合いください。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

私は日ごろ、佳い光だと感じた物やシーンをより印象的に記録していく事に楽しみを見出しています。ではそんな楽しみの中にライカはどう溶け込むのか、今回改めて思い返した時に他の形式のカメラには無い要素がひとつあります。
それは「ピントなんて合ってなくても良いんだ」と思わせてくれるところです。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

一眼レフでオートフォーカスに頼っている時や、ミラーレス一眼で拡大表示まで使ってピントを追い込んでいると、ちょっとしたピント抜けで「ああ、失敗作品だ」と感じてしまう事が少なくありません。もっと言うとピントが合っていると確信するまでシャッターを切る事すら出来なくなってしまうことがあります。これが「ピントの呪縛」です。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

これが不思議な事にライカだとこの呪縛から解き放たれるのです。レンジファインダーというピント合わせ方では己の鍛錬で精度を高める事は出来ても、メカニクスの構造上2重像を見ながら百発百中を決めるのはそう容易ではありません。
しかし、ピントとはそういうモノだと思えてしまう事で、何が何でも合わせなければという呪縛から解放されます。ファインダーで構図を切り、その向こうに流れる時間を見ながら「撮りたい」と感じたタイミングでレリーズ出来るのです。
実は早速ですが、この写真ピントが合っていません。奥へ歩き行く女性に合わせたつもりだったのですが、それよりも手前に合焦してしまっていますが、絵全体の纏まりが良いなと感じたのでご紹介いたしました。


ところで今回はLeica M Monochrome(Typ246)と宮崎光学から新たに発売されるSonnetar 73mm F1.5で撮影した写真と共にお届けしています。

先代Sonnetar 50mm F1.1同様にSonnarタイプを採用した大口径レンズでありながら、超軽量コンパクトかつシンプルなレンズ構成を採用した中望遠単焦点で、なんとその重量197g!
1枚目にあるように絞りを開けた状態での描写は滲みを伴ってシルキー、そしてうっすらとフレアのヴェールを纏いながらも像がぐしゃりと乱れることはありません。残存している収差のコントロールが上手なのでしょう。ボケ味も大変スムースです。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

敢えて無限遠で絞りを開けてみましたが如何でしょう。M Monochromeの豊富な階調表現が助けている部分もあるとは思うのですが、同様にフレアを伴いミッドからシャドウにかけての美しくなだらかなトーンを描き出します。程良いヴィネットも作画の良いスパイスに。



最後にもう一枚。筆者は撮影した写真を家に帰ってからPCに取り込み、セレクトを行うのですが、今までの撮影であれば「ピントが合っていないから」という理由で間違いなくセレクトから弾かれていた写真です。ライカを使い始めるまで、写真を撮るという行為においてどこか息苦しさを感じることが少なからずあったのですが、きっとピントを合わせることに対しての苦しさだったのだろうなと今振り返ると感じます。
その呪縛から解放されてより純粋に「写真を撮る」という行為に臨めるようになった事が、ライカで撮る事の一つの醍醐味であり魅力なのだなと思います。

あなたもライカ使ってみませんか。


今回使用した機材はコチラから







Leica Smail Photon







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月06日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]