【LEICA】懐石料理 | THE MAP TIMES 
Select Language



【LEICA】懐石料理

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]





LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400

懐石料理



「料理写真」、食事を頂くとき、スマートフォンなどで写真に残す人は多いはずです。
撮影後はSNSへ掲載されているところをよく目にします。
特にインスタグラムでは「インスタ映え」を狙った綺麗な写真をたくさん見ることが出来ます。
今回はそんな「料理写真」を撮るべくお気に入りの機材を携えて・・・


焼き蕗の薹ごま豆腐 べっ甲餡かけ 蕗の薹うす衣揚げ 白髪葱 針柚子 山葵
「先付」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


読者の皆様は「和食」はお好きですか。
向かった先は東京都青梅市の某所。古民家を改築してつくられた佇まいの中、懐石料理を頂きます。
撮影に使用したカメラは、35mmフルサイズセンサー搭載のレンズ一体型カメラ、「LEICA Q」
SUMMILUX f1.7/28mm ASPH.が組み合わされたシンプルで上質なデザインのカメラです。
レンズにはマクロモードを搭載し、最短撮影距離が17cmと、テーブルフォトに嬉しい仕様です。


旬魚 盛り合わせ あしらい
「造り」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


旬魚が盛り合わせられ、美しい仕上がりです。


葱すり流し 里芋餅あられ揚げ 合鴨 椎茸 刻み柚子 軸三つ葉
「椀盛」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


出汁を引き、季節の素材を生かし、美しい塗りの椀に盛りつける。椀盛の調理のプロセスには職人の魂が宿っています。
料理毎に趣の異なる器の観察も、懐石料理の楽しみ方のひとつです。


漆台盛り込み 朱塗り枡旬菜盛り
「八寸」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


語源は8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆に盛りつけた料理が「八寸」と呼ばれていますが、
懐石料理においては先付けのあとに出す前菜が八寸とされています。


山女魚から揚げ 甘酢餡かけ 白髪葱 針柚子
「揚物」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


山女魚のから揚げに甘酢餡が素晴らしい和合です。


寒大根旨煮 共地餡かけ 寒鰤葛煮 金時人参 小松菜 針柚子
「焚合」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


料理を引き立てる為、被写体に接近し、1:1で切り抜きました。注目は山椒の明るい緑と、器の赤。


生姜酢和え 揚げ白魚 短冊野菜 生姜酢ゼリー
「止肴」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


今回の料理の器の中で一番のお気に入り。歪な形の器を引き立てる為、16:9に編集しました。
構図に迷った際には使いやすいアスペクト比です。


焼きおこわ 煎り大豆 金時人参 チーズ 旨出し餡 山葵 揉み海苔 ぶぶあられ
「飯」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


そろそろお腹が満たされてきました。


オレンジ釜れもんゼリーかけ オレンジ 苺 黒豆 金柑蜜煮 ミント ホイップクリーム 小倉アイス最中
「水物」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


最後に甘味。ごちそうさまでした。


LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/800 | ISO400


別室のギャラリーにあった置き物です。古い箪笥が味を出しています。



LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.5 | 1/15 | ISO400


外での「料理写真」撮影において留意したいのは、カメラが環境を壊さないこと。
つまり、料理がメインですから、カメラが仰々しく、食事が引けを取っては意味がありません。しかし描写力は必須です。
そんな時、コンパクトでスタイリッシュな上にフルサイズセンサー搭載の「LEICA Q」は最適です。
先日「LEICA Q2」が発表されましたが、防滴防塵や画素数の向上は、今回の撮影には必要なものではありません。
「LEICA Q」の中古価格が以前より下がってきましたの、いま、お勧めしたいカメラです。
ライカのアイデンティティを強く感じることができ、所有欲を存分に満たせます。



▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]