【SONY】α9 Ver5.0 アップデートが解禁されました! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α9 Ver5.0 アップデートが解禁されました!

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月26日 16時25分]



α9 アップデート
2019/3/25(月) α9 Ver.5.0 解禁!


今年1月16日にソニーから発表されたαシリーズの大型アップデート。
先行してフラッグシップ機 α9 Ver.5.0が解禁されました!
AFシステムを中心に大幅な性能向上が盛り込まれ、楽しみにされていた方も非常に多いのではないでしょうか?

α9
マップカメラ 本館5階 ソニーフロアでは、ご来店頂いたお客様が実際に触って試して頂ける
Ver5.0にアップデートしたα9を展示しています!
大幅なAF性能の向上から操作性の細かな変更点など、じっくりとお試しする事が可能となっております。

今回は数あるアップデート内容の中から、是非とも体感して頂きたい注目の機能をご紹介いたします。

AIによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化

シャッターボタン半押しで作動/瞳の左右選択/動物瞳AF


α9大型アップデート

瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。
また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。ピントを合わせたい瞳の左右を切り換えることも可能です。
今までワンアクションする必要がありましたが、今回のアップデートにより瞳AFがより手軽に利用する事が可能に。
ポートレート撮影を中心に使いやすさが格段に向上しています。
そして、Ver.6.0では動物にも瞳AFが対応になる予定!大注目の追加機能です。



狙った被写体を自動検出・追尾し続ける
新開発『リアルタイムトラッキング』


α9大型アップデート

AIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けます。
特に被写体が人物や動物の場合は、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識します。
また、カスタムキーに「押す間トラッキング」を設定しておけば、狙ったタイミングに追尾を開始することも可能。
さらにタッチトラッキングを設定すれば、モニター上をタッチして追尾する被写体を選べます。




F16まで対応する像面位相差AFの精度向上


進化したアルゴリズムを採用することで、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大
屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上しました。
また、スローシャッター時など絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせることが可能です。




精度・速度・追従が向上した動画撮影時のAF


動画撮影時には、位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用したファストハイブリッドAFのうち、位相差検出システムをより効果的に活用することでAFの精度・速度が向上。
被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができます。



タッチ操作によるフォーカスの進化


モニター画面上の被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカスに加えて、新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能にも対応。
また、タッチトラッキング機能を設定しておけば、タッチによる被写体の選択と追従が可能です。



階調表現の向上とWBの安定性強化


カメラ内のJPEG生成アルゴリズムを最適化し、より滑らかな階調表現を実現。
空のグラデーションなど、少しずつ変化する明暗差や彩度をより自然に再現します。
また、連続撮影モード時に短い間隔の連写を繰り返す場合などに、オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上しました。
全体的な色再現性も向上し、画質全体の改良が図られています。



カスタマイズ性の向上と機能拡張


・ 前後ダイヤルや背面コントロールホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能の追加。

・ メモリーカードの容量オーバー時に、もう一方のメモリーカードに記録先を自動で切り替えるリレー記録。

・ デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化。

・ 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能と再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加。

・ カスタムキーの設定に対応し、再生画面上で迅速に誤消去を防止できるようプロテクト機能を強化

・ インターバル撮影機能に対応(Ver.6.0)し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能。※付属ソフトの「Imaging Edge」「PlayMemories Home」でタイムラプス動画に編集できます。



スポーツや報道の撮影現場において、
転送や納品をサポートする機能群を強化


α9大型アップデート


・ アプリ「Transfer & Tagging add-on」を使用し、FTPバックグラウンド転送を使用したモバイル機器への画像転送が可能。さらに、転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力したり、ショートカット用の用語をパソコンで作成しモバイル機器に同期することも可能です。
・ 画像の転送後にモバイル機器上でIPTCメタデータを付与が可能となりました。




α9大型アップデート

今回のバージョンアップと合わせて、今年夏頃にVer.6.0をリリース予定。
注目の『動物瞳AF』はVer.6.0で実装予定です!




↓SONY α9 いまなら在庫ございます!↓
(2019/03/26現在)

お求めやすい中古商品もございます。



マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月26日 16時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]