【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ | THE MAP TIMES
Select Language

【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ

[ Category: SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]


カメラと旅を。第5弾
今回は台湾の風景に合わせて、私の旅行のお供α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを使った写真をお届けいたします。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200

台湾に訪れたのは一昨年の丁度今頃。
天気は曇りだったり雨だったりとあまり青空は拝めなかった気がします。
雨に濡れないように上着で隠しながら持ち歩き。
とても軽く小さいのでなんなく上着の中に入ります。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100




こちらは忠烈祠の衛兵交代式。
1時間毎に行われる衛兵の交替式が有名です。
足踏みと銃さばきに見入ってしまいました。
2枚ともしゃがみながらタッチシャッターを用いて撮影しています。
タッチをするとすぐにシャッターが切れます。
人物に綺麗にピントが合い、動きのある写真が撮れました。

α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:6400


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:23mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:500



十分の天燈上げ。
願い事を書いて、線路の上で飛ばしてきました。
ちょうど願い事を書いていた時、笛が鳴り響き「線路から離れてください」と
すれすれのところを電車か通っていきました。
夜の撮影なので設定が分からず、プレミアムオートを使いおまかせでパシャリ。少しぶれた感じがありますが、これはこれで味がある。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:800



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:3200




九份へ
夜は混んでいてとても歩けないとのことで朝早くに行ってきました。まだほとんどのお店が開いておらず神秘的な場所が作り出されていました。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:30mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200


急な坂道が多く、疲れたのでお茶屋さんへ。
ジャバジャバとお茶を零しながら注ぐスタイルに引き気味になりながらもお茶の香りと緑色の落雁のようなお菓子にほっこり。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:20mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:500


犬が坂の上から駆け下りてきました。
急いで構えますがここで使えるのがタッチシャッター。
画面の犬を指でタッチすればシャッターがきれます。
犬目線に撮影したい場合、180度チルト式のバックモニターを 瞬時に上げこのような撮影が可能です。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:25mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200




初心者向けな設計でレンズ内光学式手ブレ補正機能搭載。
とても簡単にボケも演出でき、軽く小型なので上下左右に構えやすい。撮り逃がしも少なく旅行にぴったり。
他のカメラも使いますが、長期旅行になると、このコンパクトが重要になってまいります。

次回はOLYMPUSを片手に国内のとある島をおとどけいたします。















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通路へと出ました。 更に進んだ先、枯れた木の葉をかき分けた光の中こそが この地下道の出口なのでし...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む