Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月13日 10時30分]


今から遡ること、10年半ほど前。
既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。

ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。



フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され
言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ
小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。

「ミラーレス」という総称もしばらく後からでしたし、パナソニックもブランド名の一つ(ナショナルと双璧)で
会社名は松下電器産業でした。

そんな中、オリンパスもフォトキナにてマイクロフォーサーズ企画の施策モックアップを参考出品すると発表。
パナソニックG1がデジタル一眼レフライクなスタイルであったのに対し
従来のスタイルとは一線を画す、超小型フラットなスタイルに衝撃を受けました。



ここから翌年の「PEN E-P1」の発売に繋がり、一気にマイクロフォーサーズは市場を席巻したと記憶しています。そして私も買いました。

当然、まだまだデジタル一眼レフが圧倒的なシェアを保っていましたが、今のミラーレス全盛の流れが生まれた
エポックメイキングな時期と言えるかもしれません。


同じタイミングで懐かしいものも参考出品されていました。



こちらは所有するまでは至らず。


会場周りの散策。

ケルンメッセ駅


ケルン大聖堂


大聖堂からの街並み


10年ひと昔と言いますが、隔世の感あり。

令和10年にはどんなカメラが登場しているのでしょう。


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月13日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む