【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2

[ Category:etc.|掲載日時:2019年04月19日 10時30分]


CONTAX T2



関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、
吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。


CONTAX T2



さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。
皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。
私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。

先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。
私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、
父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。
T2は1990年、平成2年に当時の京セラから発売されたコンパクトカメラです。
今回はそのT2で私が撮った新たな写真と、
父親の撮った過去の写真とで平成を振り返ってみます。


CONTAX T2

  【父撮影】
父撮影の昔の写真です。
兄と私。
現在では一緒にいることが少なくなったふたり。
私はいつも兄の後を追いかけて、たびたび迷子になっていた覚えがあります。
この頃は目に写るものすべてが大きくて
世界が限りなく広いものだと信じていました。



CONTAX T2


今回オート機能(プログラムモード)付のコンパクトカメラを使うのは初めてです。
いつでも撮れるようにとポケットに詰めこんで、落としそうになりながら撮り回りました。
絞り優先オートにして、ただシャッターを切るだけ。
ピント合わせはすべてAFに任せました。
巻上げも自動、ピント合わせもシャッタースピードも考えなくていいことがこんなに快適であり、また不安なことでしょう。
家の物置に長い間眠っていたものですのでちゃんと動くか、しっかり写っているかも不安でした。
実際はコマとコマの間が狭く重なる部分がありましたが、問題なく写っています。


CONTAX T2

  【父撮影】
弟が生まれた年の里帰りです。
生意気でマイペースでいつも回りを巻き込んでいる弟も昨年成人式を迎えました。
主に弟の面倒を見ていた私はその日の感慨深さに少し視界が滲みました。
そんな弟にもこんなにかわいい日があったとは。



CONTAX T2

こちらは私の通学路だった場所です。

レンズは38mmF2.8。
あまりなじみのない焦点距離ですが、
私の記憶が確かなら
人の視野角が約60度といわれ、35mmや50mmよりも人の視界に近い、
まさにその光景を写し出す。
目の前で起こるほんの一瞬をこの目にそのフィルムに焼き付けたい。
T2はそんなお方にぜひおすすめです。




CONTAX T2

  【父撮影】
祖父、祖母、母。
親が結婚してすぐの頃の写真でしょうか。
覚えのない光景なのですがどことなく懐かしさを感じます。
父曰く意図して設定をしたことがないとのことですので、
フルオートでもその高い精度が窺い知れます。恐るべしT2。





CONTAX T2

実は私、生まれが島のためか海や波、水の音を聞くとすごく眠くなります。
これを撮った昼下がりもあまりの日差しの良さも相まってこのあたりでつい横になってしまい、翌日は鼻声になりました。
皆様もどうかお気を付けくださいませ。



CONTAX T2




さて、いかがでしたでしょうか。
先の家族写真数枚は私の父が撮影したものです。
相棒のT2は長らく眠っていたこともあって駆動系に始まりレンズ、ファインダもすべて寝ぼけた状態になってしまい、
本来あったはずの高級コンパクトカメラ代表たらしめるその性能を失っていました。
でも重なったコマ間も、レンズのくもりも時の流れをより一層実感させてくれる結果となり素敵だなと思っています。
足りないところは自分で補えば問題ございません。




CONTAX T2




また今回は20余年前のフィルムをスキャナーにて読み込みました。
色も上下も反転した思い出をひと手間かけてひも解く。
浮かび上がった淡い色合いのそれは、かつてあったほんの瞬間の出来事を呼び起こす写真本来の役割そのものなのかもしれません。
中にはピントが合わなかったり暗かったり、決して綺麗で完璧な画とはいえないものもたくさん見つけました。
フィルム自体が劣化しすぎていてまともに読み込めたのは片手で数えられるほどですが、
その数枚がある種の歴史や文化となって後の代にひっそりと繋ぎ紡がれていくのではないでしょうか。
そして我が家ではその語り部役が父から私に回ってきたということで。


CONTAX T2



時には古びた思い出の埃を払って、家族の軌跡を読み解く。
また新たに綴る日があっても良いのではないでしょうか。
存外相棒はあなたの近くで深い眠りについているやもしれません。



CONTAX T2




それではこの度はここまで。またいつか。







CONTAX T2



今回使用した機材はこちら。













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2019年04月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へまたその先へ 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となりあんまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントでNikkor 50mm F1.4です 口径には旧日本光学時代の呼び名で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]