Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で

[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月16日 16時00分]


自分が生まれた年号が終わろうとしている。
その事実に、未だに実感がわきません。
「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。

ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。
毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。
私の時間は、ずっと平成でした。

「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイトルは続・私だけの色でです。


EOS 6D MarkⅡ+EF 50mm F1.2L USM

以前の記事でもご紹介しましたが、私は撮影時にオリジナルのピクチャースタイルを使用します。今までかなりの数のピクチャースタイルを自作してきましたが、メインで使っているものはずっと変わりません。
最初にこのピクチャースタイルを作成したのはもうかなり前の事。
長い事調整を繰り返し、平成を撮り続けてきたオリジナルの色。なんだか感慨深いものがあります。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

このスタイルは一見かなり彩度が高く見えるのですが、実は各色の明度を落としているだけ、というもの。
更に青が紺色に、赤が臙脂色に転ぶよう色相をチューニングしてあります。トーンカーブも中間調だけ上げて、明るめに出るように。
アンバーの成分が多い被写体や、シャドウが多い被写体などを撮るとバッチリ決まるお気に入りのスタイルです。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

曇り空や日陰の撮影で、「思ったような色にならない…!」という所から開発(?)がスタートしたこのスタイル。
旅行や散歩、本腰を入れた撮影…。そのすべてで大活躍してくれています。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

昨今のEOSにはオリジナルのピクチャースタイルが3つ登録できます。「汎用性の高いスタンダードなもの」、「極彩高コントラストなもの」、「意図的にカラーバランスを崩したもの」という3つのスタイルを登録すると、様々なシーンに対応できてオススメです。



EOS 6D MarkⅡ+SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD A030E

↑こちらは汎用な「My Normal」

EOS 6D MarkⅡ+SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD A030E

↑極彩の風景用「Vivid sky」



せっかくですので、キヤノン純正のピクチャースタイル「スタンダード」と比べてみます。

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
↑こちらが「オリジナルのもの」です。

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
↑そしてこちらが「スタンダード」です。



シャドウの沈み込みや、道路のオレンジの発色などが全く違います。
撮影時からこの結果が得られる。これはもう、快楽です。
「色」が理由でEOSからのお買い替えを検討されているのなら、ご売却前に一度は試していただきたい「Picture Style Editor」
皆様もぜひ、使ってみてください。


平成の暖かな春色を追い、夏のむせ返るようなコントラストに感動し、爽やかな秋風に手を振って、身を切るような冬の寒さを受け止める。
自分だけの時間を切り取り続けたオリジナルピクチャースタイルは、令和になっても頼れるパートナーです。











〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓






[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月16日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!28票


秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『AboxPhotoClub Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む
X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む