【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]




『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO

-言葉を写真に-
【新元号令和、平成を振り返る】

"時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける"

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」
という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。

2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。
その中でもSIGMAを象徴するかのような異色を放つArtシリーズ、
その第一号は同じく2012年11月に発売したSIGMA Art 35mmF1.4 DG HSMでした。

最高性能の画質を追求したArtレンズは、質高いことから非常に話題になり、
今では「しっかりはっきり写したい」と願えば候補に必ずArtレンズが挙がってくるほどとなりました。

そして6年の時が経ち、2018年に新たに40mmF1.4 DG HSMがArtラインに仲間入りしました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1600 f/1.4 ISO400 WB AUTO

今回のArt40mmのレンズは8K画質に対応した映像制作用・シネレンズをベースに作られたレンズです。
開放から繊細な写りをしてくれる、というより言葉では表現しずらい独特な世界観、立体感に非常に驚きました。
まるで自分の思い出の片隅を思い出しているかのような雰囲気がとても好みです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

ボディはこのレンズの性能を十二分に発揮できると感じたNikonD810を選びました。
有効画素数3635万画素という高画素機、じっくりスナップを撮るにはとてもバランスが整っている素晴らしい機種です。
一昔前では考えられない程のお手頃な価格で今は中古を手に入れることが出来ます。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/800 f/16 ISO400 WB AUTO

また、厳しい条件下でも、綺麗な光芒を描いてくれました。
コントラストもしっかり生きているのが分かります。
40mmにしては重過ぎる重量ではありますが、その分しっかり臨機応変に対応してくれる高性能なレンズです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1250 f/1.4 ISO400 WB AUTO

そして、40mmというあまり単焦点としては多くない焦点域。
50mmだと大きく切り取りすぎてしまう、35mmだと少し広く写りすぎてしまう…
40mmは撮影したいと思ったその場から、周りの雰囲気を入れつつ主題を強調させる写真が撮りやすい画角でした。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/400 f/4 ISO400 WB AUTO

最後に、今回の撮影はすべて高円寺で撮影しました。
この看板を撮影していたら、お店の方に声をかけられ、そのまま中にお邪魔させて頂きました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/2 ISO2500 WB AUTO

そして大好きなお酒を飲みながら撮影させて頂いて、改めて感じました。
写真と音楽ってすごく似ていると思います。

一言で"写真"と言っても、ポートレートやスナップ、スポーツ、花、風景…
撮影機材の重さや好みのレンズ、アクセサリーも自分に合ったものが存在します。
また、一言で"音楽"と言っても、JAZZやラテン、クラシック、演歌、ロックやアニメソング…
楽器も無限大に存在し、同じジャンルでも人により使う楽器は異なります。

そしてこれらも一言で"ポートレート"と言っても、好みのシチュエーションは無限に存在します。

自分好みの組み合わせを見つけることは、とても難しいです。
合ってると思って信じていたら、なんか違和感を感じたり、周りに流されていたり…
でも、きっとその長い道のりのゴールに辿り着いたら、自分を表現してくれる大切な存在に出逢えることでしょう。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/1.4 ISO2500 WB AUTO

これから新年号"令和"に突入し、未来では今では考えられない技術や文化の変化があると思います。
カメラも今以上に使いやすく、軽く、綺麗に撮れる、素晴らしい機材に変わっていくかもしれません…。

ですが、いつの時代もどの年代であっても大切なことは絶対に変わらない。
そんなことを感じさせてくれた素敵なお店でした。

私が写真に出逢えてなければ、このお店のご縁はなかったでしょう。
写真のおかげで、またひとつ、私の行きつけのお店が増えました。

ぜひ皆さまも、休日にカメラを持ってあまり行かない街へお出かけしてみてください。
皆さまが新しい気づきや良い刺激、大切な出逢いに恵まれることを心より願っております。


▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]