【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]


平成を振り返るシリーズ。
今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。

50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。
広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。


今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操作のデジタル化が進められていました。
翌年1996年には当時のフラッグシップ機であるF5が発売されていることを考えると、次世代のAF機に向けた新たなスタンダードとして開発されたことが分かります。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


最初の3枚はすべて解放F1.4で撮影しています。
解放付近ではいわゆるクラシカルな描写になり、豊富なボケと柔らかな描写が得られます。
ピント面での線はしっかりと表現され、被写体の質感を損なうことはありません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F2.8で撮影。
開放から2段程度絞れば収差はかなり解消され、被写体を浮き立たせつつ背景はきれいにボケてくれました。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F8で撮影。
ここまで絞り込めば線はいよいよはっきりし、とても力強い描写となります。
個人的にはこの時期のニコンのレンズはこの線の力強さが魅力だと思っています。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


薄暗い階段から延びる影。
最近のデジタルカメラではF値以外にもISO感度の調整でほとんどのシチュエーションを撮影することができるようになりましたが、開放値が明るければより低い感度で撮影することができ、良好な画質を得られやすくなります。
また一眼レフの場合はファインダーで見える像の明るさがレンズの開放値に比例するため、暗い場所でもファインダーが見やすいという恩恵を受けられることも忘れてはいけません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


今回の撮影ではAFとMFを共用してみましたが、20年前のレンズとはいえAFは正確に働き、よほど細かな被写体でない限り迷うことはありませんでした。
MFではピントリングのトルクがさすがに軽く感じられるものの、遊びは少なく快適に操作することができました。


ご使用いただく上での注意点は、本レンズのAFはボディ内モーターでのみ動作するため、ボディ内にモーターが無い機種ではAFが使用できません。
また、ミラーレスZ用のNikon (ニコン) マウントアダプター FTZにおいてもAFは作動せず、MFのみ可能となっております。
購入をご検討される際はご注意ください。


いかがでしたでしょうか。
最新のレンズに比べれば見劣りする部分も多く有りますが、それでも撮影する上で必要な最低限の機能は備わっています。
何より開放での柔らかな描写に加え、最新のGタイプやミラーレス用のZレンズと比べても小型軽量なのもうれしいところです。
発売されてから20年以上、多くの人に愛用されてきたこのレンズをぜひお試しください。



今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Nikon (ニコン) D800E














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

カメラを持って奥多摩方面へ 【Canon】カメラを持って奥多摩方面へ 2019年05月26日
写真を撮りたい。 単純な興味から三年ほど前にCanon 80Dを購入しました。 以来、休日になればカメラを持って写真を撮りに出かける日が増えました。 初めは自分の知っている範囲内で写真を撮る事に満足をしていましたが、それでは飽き足らずに、少しずつ、まだ訪れた事のない場所へと足を運ぶようになりました。 とある休日前、明日はどこへ行こうか、と考えを巡らせ、今回は東京の奥多摩方面にある白丸ダムを訪れてみる事にしました。 JR青梅線鳩ノ巣駅。 青梅線にある木造の無人駅です。...
続きを読む
写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 2019年05月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
ALPA in Wonderland ALPA in Wonderland 2019年05月24日
この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。 はじめに、アルパとは。 スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。 レンズは他社から供給を受けていました。 【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、 この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。 まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。 鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。 シャッタースピードは...
続きを読む
【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
Motorsports photo #7 Motorsports photo #7 2019年05月22日
「シーズンイン」 今年もモータースポーツの季節がやってきました。 令和最初の撮影ということもあり、テンションを上げて撮影に臨みました!(5月3.4、富士スピードウェイにて撮影) Nikon Z7 FTZ + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM(ss1/80 F10) 普段、撮影しているダンロップコーナー立ち上がりをZ7で撮影に臨みました。 比較的コーナー続きなため、Z7でもなんとか撮影可能であります。 Z7にテレコンバーターを使用し撮影すると、ピントを外すことが多いので、今回は普段使用している1.4倍のテレコ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]