【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く

[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月15日 18時30分]




Canon EOS 5D MarkII
スイス ゴルナーグラート展望台

新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。

遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。

私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。
その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、
EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。



Canon EOS 5D MarkII
オーストリア ザルツブルグ

映画サウンドオブミュージックの舞台として知られる街。
スイスが近い事もあり、空気が澄んでいてとても気持ちの良い街でした。


Canon EOS 5D MarkII
ハンガリー ブタペスト



Canon EOS 5D MarkII
チェコ プラハ



Canon EOS 5D MarkII
オランダ ザーンセ・スカンス



Canon EOS 5D MarkII
ドイツ ローテンブルク



Canon EOS 5D MarkII
イギリス ハワース

イングランドにある田舎町。
機材や3ヶ月分の荷物約30キロ。
PC、カメラ、レンズだけで荷物の半分の重さを占めていました。
この町は坂道が多く、登るのに苦労しました。


Canon EOS 5D MarkII
フランス パリ



Canon EOS 5D MarkII
デンマーク コペンハーゲン



Canon EOS 5D MarkII
イタリア ヴェネツィア



Canon EOS 5D MarkII
オーストリア ウィーン



Canon EOS 5D MarkII
ルクセンブルク



Canon EOS 5D MarkII
スイス ベルン

世界遺産の街。
古く雰囲気のある家が並び、とても写真の撮り甲斐がある街でした。


Canon EOS 5D MarkII
イタリア ローマ



Canon EOS 5D MarkII
バチカン市国 バチカン宮殿

バチカン宮殿を訪れた日、タイミングよくお祭りが開催されており、ローマ法王を目にすることが出来ました。
まさかお会い出来るとは思わず、とても光栄でした。


Canon EOS 5D MarkII
ベルギー ブルージュ



Canon EOS 5D MarkII
イタリア フィレンツィエ



Canon EOS 5D MarkII
スイス ベルン



Canon EOS 5D MarkII
オランダ アムステルダム


数え切れないほどの街をめぐったので全ての街を紹介することは出来ませんでしたが、
各国の素晴らしい風景をお伝え出来ていたら幸いです。
英語が全く話せないにも関わらず勢いに任せて飛び出した旅行でしたが、非常に良い経験となりました。

EOS 5Dシリーズは今やMarkⅣまで発売されています。
新しくなるに連れて解像力やAFが良くなっていき、平成の中で5Dは成長していったと思います。
その中でも一番思い入れのある機種は平成20年に発売されたEOS 5D MarkIIです。
数々のプロカメラマンもお世話になった機種ではないでしょうか。

現行機種と比べると本体は重く、シャッター音は大きく、ISOを上げるとノイズも出ます。
それでも当時は非常に使い易く、各フィールドで活躍したCanonの名機と言えます。

世界を歩きながら共にしたこの名機は、私にとって平成の中で大きな思い出です。



↓今回使用した機材はコチラ!↓








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月15日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]