Select Language

【写真を楽しむ6月】花と器のハーモニー

[ Category: etc.|掲載日時:2019年06月11日 16時00分]



HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2


皆さんこんにちは。
関東では梅雨入りが発表され、ここ新宿も連日雨や曇り空が続いています。
なかなか写真を撮りに行く気が起きなくなる時期ではありますが、
重い気持ちを吹き飛ばすように普段は行かない所に赴いてみるのもひとつ良いのではないでしょうか。

今回は横浜にある山手西洋館巡りへ向かいます。
この山手西洋館、通年で季節毎に装飾が変わる催し物を開いており
インテリアや洋館の内装などの撮影を楽しむことが出来ます。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

6月の初週には年に1度の「花と器のハーモニー」という企画展を行っており
花々に彩られたインテリアや食器で装飾された洋館を楽しめるのですが
この撮影のお共に今回はHASSELBLADのX1D-50cを使っています。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5

どちらかというとプロの現場、スタジオユースなどの印象が強いカメラだったため
RAW現像ありきのシステムなのだろうなあと思っていたのですが、実は今回全てJPEG撮って出しでお送りしています。良い色です。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

ローライトなシーンではAWBの精度もあってか少し緑っぽく転ぶこともあったのですが
程々に光が回っている環境下であれば、実に良い色を出してくれます。
ニュートラルなのにリッチに感じる色遣いはX1Dならではの色表現かなと。これだけで欲しくなってしまいます。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

そして思っていた以上にハンドリングがしやすいという点も驚きでした。
フォーカルプレーンシャッターを排除した事で小型軽量に納まったボディは取り回しが良く
レンズを装着した状態で常に片手持ちで歩き回れる重量です。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

この写真サイズだとなかなか感じづらい部分ではあると思うのですが、さすがは中判フォーマット。
フルサイズ機以上にギュッと凝縮された情報から生み出される、キレのある描写は写真なのに手に取って質感を確かめられそうなほどの立体感があります。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

階調表現にしても嫌味がなく、ニュートラルな印象を受けます。
特に中間階調からシャドウに沈んでいくトーンの移り変わりがとても美しい。
そしてそのトーンを感じ取りながら撮影に集中出来るEVFも高いクオリティを持っています。
特に何も感じる事なく撮影出来てしまうので、裏を返せばそれだけ見えが良く違和感が少ないという事です。


HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

撮影を始める前は、ハッセルだ中判デジタルだと身構えていたのですが
いざ使い始めてみると操作系なども直感的でシンプルに使えつつ
1日撮り終える頃には手に馴染んでいたのが印象的です。
欲しいなあ...もうすぐボーナス。48回金利手数料無料...悩ましいところです。


今回使用した機材はコチラ




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年06月11日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む