【SONY】「目で涼を感じよう」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】「目で涼を感じよう」

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月08日 19時15分]




こんにちは。
これでもかというくらい暑い日々が続いています。

暑い日が続くときは冷たいものや、涼しくなるものが欲しくなります。

at新宿
SONY α7III - Voigtlander VM-E Close focus adapter - Voigtlander Mバヨネット アダプターリング - Leitz Hektor 7.3cm/f1.9


さすがのヘクトールもフレアが発生するくらい、現代の暑さには、耐えられないことがわかります。



しかし、涼しく感じる方法はたくさんあります。
アイスや、冷やしうどんといった冷たいものを食べたり。
扇風機やうちわで仰いで風で涼しさを感じたり。
風鈴の音や、水の流れる音で涼しさを感じたり。

口と耳と肌で涼しさを感じれるのであれば、目でも涼しさを感じることはできるだろう!

ということで、今回は風景、動物、ポートレートから涼しく感じることのできるような写真を筆者の独断と偏見で選定してみました。



at三鷹01
SONY α7III - SAMYANG AF 35mm F1.4 FE
35mm 1/2000 f2.8 ISO-100




とてもキレイに青空と水面を撮影することができました。
こちらの公園は、以前に、外来種を駆除するために川の水を全部抜いて、川の状態をキレイにしてから水を流すという大規模な工事もされていました。今ではキレイな緑の藻がいっぱいです。



at三鷹02
SONY α7III - SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS
200mm 1/400 f2.8 ISO-100



次は暑さを共感してみましょう。
今回は井の頭公園と隣接する井の頭自然文化園で動物の撮影も行いました。
暑い日は私たちと同様にフェネックも動きたくはないようです。



at三鷹03
SONY α7III - SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS
200mm 1/500 f2.8 ISO100



余談ではありますが、アップデートされた最新の動物瞳AFも試してみました。
動物園の金網越しではあるものの、しっかりとピントが合ってくれました。
レンズのAF速度、ボディのAF精度は実際に試してみて、改めて凄さを体感することができました。



at三鷹04
SONY α7III - SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS
70mm 1/2500 f2.8 ISO-100




最初の写真の場所にモデルさんに座ってもらいました。
水辺側を向いているシルエットと空の青は、とても涼しさを感じます。



at三鷹05
SONY α7III - SAMYANG AF 35mm F1.4 FE
35mm 1/320 f1.4 ISO-100




さらに違う角度で撮影してみると、日陰に映える緑とモデルさんが着こなす青が組み合わさって暑さを忘れる雰囲気が伝わってきます。
シルエット写真の角度で顔を明るくして撮影すると、モデルの位置とカメラの位置が日陰であり、背景の川が日向であるため、コントラストの差が激しく、背景が白飛びしてしまったため、どちらに振り切ろうか、非常に迷ったことを今でも覚えております。



いかがでしたか?
多少なりとも目で涼しくなれたら嬉しい限りです。
暑い夏が続いていますが、読者の皆様も肌で夏を感じながらも、撮影しながら目で涼を感じてみませんか?

▼今回使用したオススメ機材はこちら▼







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月08日 19時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]