Select Language

【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年06月23日 19時00分]



私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


森といえば木漏れ日。
至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


池、もしくは沼と言うべきでしょうか。
森の妖精でも現れそうな雰囲気です。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


この光景には頬が緩みました。
こういうちょっとした光景に出くわし形に残せるのが写真の楽しい所です。
この日は天気がとても良かったので3匹のカメ達も気持ちよかったでしょう。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


これは何度か納得するまで撮り直した一枚です。
どうしてもこのカメラの繊細な描写力を発揮したかったからです。
綿毛の一本一本までしっかり写してくれています。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100


万能ズームと言われるこのレンズですが、マクロまでそれなりに出来てしまうのが本当に便利です。
正直なところ最近はこのレンズ一本でスナップを楽しんでいます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100


森の中にある公園での一枚。
これは思い切り望遠端で撮影してみました。
換算400mm程度になるでしょうか。
遠くの逃したくない被写体もしっかり捉えます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f11.0 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f11.0 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100


場所を少し変えバラ園に来てみました。
このsd Quattroでバラを撮るのは実は初めてだったのですが、花のもつ本来の色を引き出してくれています。


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:18mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/125秒 ISO:100



そして、この日の締めくくりは夕焼け空の広がる田園風景となりました。
田舎育ちの私としてはこういう風景が何よりもの癒しです。


いかがでしたでしょうか。
6月と言えば雨のイメージが強いとは思いますが、森の中や田園風景も中々に素敵ではないでしょうか。





今回使用した機材はこちら
SIGMA (シグマ) sd Quattro
SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年06月23日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む