Select Language

【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7R編

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 13時00分]


α7Rシリーズを振り返る


9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。

α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sのシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。

待望の第4世代の発売を前に、今回はα7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第1回目はその原点となるα7Rに迫ります。

SONYα7R


初代α7Rが登場したのは2013年11月15日。世界初のフルサイズミラーレスカメラとして、同時に発売されたα7と共に発売されました。当時フルサイズミラーレスへの待望が強く、発表されたフルサイズミラーレスとしての新しい姿は、世界中の人を魅了しました。
当時Eマウントフルサイズカメラとしては、レンズ交換式ハンディカムNEX-VG900がすでに登場していましたが、写真機としてのE-マウントフルサイズ機はα7&α7Rが初めてでした。

SONYα7R


α7Rはフルサイズセンサー搭載の世界最小・最軽量ボディに、光学ローパスフィルターレス仕様の有効約3640万画素35mmフルサイズ「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載。高解像のセンサーによる滑らかで精細な描写力を備えながら、大きくて重いフルサイズ一眼レフから大幅な軽量化を達成しました。

SONYα7R


ファインダーには高解像度と高コントラストを誇る235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder」を採用しており、当時のSONY Aマウントフルサイズ機と同等の性能を有してました。
AF性能は25点のコントラスト検出方式、ドライブ能力は速度優先連続撮影時で最高約4コマ/秒と最新機種に比べると控えめですが、風景撮影等をするには十分な能力です。

SONYα7R


生産が終了した現在でも、十分な描写力を持ち手軽に高画素とαフルサイズシリーズの中でも最軽量ボディを手に入れられることから人気の高い機種となっております。

コンパクトなボディに秘めた高解像度の世界を楽しめるα7Rはいかがでしょうか?




SONYα7RIVご予約受付中




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!28票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
私の一番好きなカメラ

【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】[2020年04月01日]

4月1日。1年のうちたった一日だけ、嘘吐きが許される日です。 そんな日だからこそ、誰かを楽しい気持ちにさせる嘘をつきたいものですね。 さて、今回は【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】というタイトルです。 寝ても起きてもカメラの事を考えているマップカメラスタッフは、いったいどんなカメラが好きなのか。 独断と偏見大歓迎、本日限りの特別企画です...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.01[2020年04月01日]

本日の機材 Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759149534" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759901514...
続きを読む
お散歩

【Hassel blad】フィルム散歩[2020年03月31日]

妻、「天気いいし、散歩しましょう!」 少し前のことですが、妻と二人で多摩川まで散歩に出かけました。 自宅から徒歩だとちょっと距離があるのですが、冬にしては暖かな午後、休日は家でゴロゴロが当たり前の私を見かねての妻の決断です。 私、「……」 従うしかありません。 まぁ、どうせならと、今回お伴に選んだのは(…勿論、一番のお伴は妻ですが……)、ハッセルブラッド 500C/Mにプ...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む