2019年8月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2019年8月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年09月09日 12時15分]






新品デジカメ8月ランキング
1位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ
2位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
3位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
6位 OLYMPUS Tough TG-6 コンパクトデジタルカメラ
7位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
8位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
9位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
10位 Canon PowerShot SX620 HS コンパクトデジタルカメラ

SONY Cyber-shot DSC-RX100M7


なんと8月30日発売のSONY Cyber-shot DSC-RX100M7が第1位を獲得。
コンパクト機が、わずか数日の販売にもかかわらず、2位に圧倒的な大差をつけての1位という信じられない現象が起こりました。

コンパクトカメラが首位を獲得するというのも、3月のRICOH GR III以来のこと。
とはいえこのカメラ、本当に「コンパクトカメラ」のカテゴリーに収めてしまっていいものかと思ってしまうくらいのハイスペック。
SONYがミラーレス一眼の開発で培った技術を、小さなボディに惜しげもなく投入しています。
新開発のイメージセンサーと、α9やα7シリーズにも搭載されている画像処理エンジンを組合わせ、α9に匹敵する最高20コマ/秒の連続撮影でも、高精度でのAF/AE追随が可能です。
また、こちらもSONY一眼カメラの最新技術、人物は勿論、動きの予測が難しい動物にも追随可能なリアルタイム瞳AFが搭載されています。
これだけの高性能と35mm判換算24-200mmという必要十分な高倍率ズームを、初代DSC-RX100から受け継ぐスタイリッシュなコンパクトボディに収めているのですから、売れないはずがありません。
またまたランキングの常連登場の予感がします。

新製品に大きく差をつけられましたが、2位には前回1位のNikon Z6が。一眼ミラーレス機トップの座は守りました。
キャッシュバックキャンペーンも引き続き好調。認知度もかなり上がりましたし、上位定着は確かなようです。

続くCanon EOS RPも指定レンズとの組み合わせでキャッシュバックキャンペーン実施中の商品。今回、兄貴分のEOS Rを上回る売り上げを見せました。

5位でも十分に上位といえますが、SONY α7IIIがこの位置にくるとずいぶん違和感を感じてしまいます。話題のハイスペック機α7RIV発売前で、さすがに人気に翳りが出始めたか… いえいえ、そうはいっても5位なんですが…

そして、人気コンパクト機が続きます。前モデルがついに販売完了となったOLYMPUS Tough TG-6、そしていまだに品薄状態になってしまうこともあるというRICOH GRIII。
今回1位のSONY DSC-RX100M7を合わせた、それぞれ個性の強い3機種は、今後もランキングの常連となること必至。
さらにハイコストパフォーマンス機Canon PowerShot SX620 HSも加わると、残り枠をめぐるミラーレス機の争いが激化しそうです。


次回9月は、何といってもSONY α7RIVが満を持しての登場となります。
さらに10月の増税前、各メーカーともキャッシュバックキャンペーンなどを展開し、様々な形でユーザーの購買意欲を盛り上げていますので、どんなランキングになるか予想するのは大変困難です。
ただ1つ分かっているのは、これまでとは大きく異なる、新たな局面が始まるということ。どうぞお楽しみに。





中古デジカメ8月ランキング
1位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
4位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
5位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
6位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
7位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
8位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
9位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
10位 Canon EOS 6D Mark II デジタル一眼レフカメラ

SONY α7RIII


SONY α7RIIIが、2位α7III を引き離して1位を獲得。これもα7RIV効果と思われます。
新型機発売後だと買取値段が下がるだろうと見越し、先にα7RIIIを売りに出された方も多く、その結果中古の商品数が増え、中古販売価格が下がるという仕組み。
α7RIIIとα7IIIの中古「美品」クラスの価格差が4万円前後となれば、より高画素の機体に魅力を感じるのは当然のこと。この傾向、α7RIV発売後も続きそうです。

SONYの3機種以外は一眼レフ機と、中古での一眼レフ人気は健在です。
出ている名前を見れば、少し前まで新品ランキングを賑わせていた各メーカーの主力機たち。
現行機種が多く、新品も販売しているのですが、価格差がかなりあるので、よりお買い得感の高い中古に人気が集まっています。
ただ、そのような方のなかにも一眼レフ機の今後を不安視する声は多く聞かれます。
東京オリンピック開幕まで1年を切りましたし、新型一眼レフカメラの登場に期待したいところです。
そうすれば、中古での一眼レフ人気もまだまだ安泰なのですが…

ちなみに、今回も3メーカーでランキングを独占。これで3ヶ月連続です。
FUJIFILMや、マイクロフォーサーズ系の名前が出てこないのは… 
SONYのように、こちらも魅力的な新型機の登場が切に望まれます。

次回、9月のランキングは消費税増税前の最後の1か月。
皆様のなかにも9月中に新しい1台を、とお考えの人も多いはず。さて、何にされますか?
あなたの1台がランキングを左右するかも!!





[ Category:etc.|掲載日時:2019年09月09日 12時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 2019年09月12日
さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む
とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]