Select Language

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月02日 11時00分]


今回紹介する「LUMIX S1H」は、従来の4K動画よりも大きい解像度「6K」での撮影に対応しました。
6Kカメラと聞くと「6Kも解像度は必要か?」と言った考えを持つ方も多いのではないでしょうか。
実際、4Kカメラが一般化した現在も我々が目にするテレビ番組・WEB動画・Blu-ray等の動画コンテンツはフルHD(1920x1080px)が多く使われています。

しかし、納品フォーマットがフルHDであっても制作者の間では4Kサイズ、それ以上で撮影が行われることが増えています。その理由は、ポスプロ(動画編集)で多くのメリットがあるからです。
では、6Kは制作者にどのようなメリットを与えてくれるのでしょうか。
これから、映像制作を本格的に始めたい方、S1Hへの乗り換えを検討している方に「6Kで撮影するメリット」を紹介します。

【6Kなら編集の幅が広がる】


使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1H+LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

編集の幅とは、主にカメラワーク(ズーム・パン・ティルト)などを後から調整可能な点です。
皆さんも、編集作業の際に「水平が取れていない」「もう少し寄りのカットが欲しい」など思った経験があると思います。
そのような状況に備えて「より大きな解像度で撮影する」ことは有効な手段となります。

では、実際に4K編集を想定して水平の取れていない5.9K素材の「水平を調整」してみます。
水平を直す為に編集ソフト上で回転(-2°)してみました。

編集画面:4Kプロジェクトに5.9K素材を配置した場合


編集画面:4Kプロジェクトに4K素材を配置した場合

最終的な書き出しが4Kの場合、4K素材で上記の編集を行うと上画像のように一部ケラレが発生します。それを補うために映像サイズを変更(拡大)すると、映像が引き伸ばされる為、画質が低下します。
6Kで撮影しておけば画質を落とす(拡大する)ことなく編集が可能となります。

【6K動画なら静止画データとしても活用可能】

従来のカメラにも4K動画を活かして「4Kフォト機能」が有りましたが、写真の画素数で言うと約800万画素相当。
WEB用の画像データであれば問題ないですが、印刷用途だと物足りない印象を受けた方も多かったと思います。
しかし、6K動画からの切り出しとなれば約1800万画素相当、十分印刷にも使用できる大きさではないでしょうか。

例えば、「5.9K/30p」で動画記録した場合は(5888×3312px:72dpi)サイズの映像となります。
この動画データは1秒間に30枚の静止画から構成されます。
スチルカメラで言うと30コマ/秒の連写した画像からベストな写真を選ぶことと同じです。
では、5.9kの動画データから切り出される静止画は印刷用のデータとしても使えるのでしょうか。
Adobe PhotoshopにてA3用紙への印刷を想定して「A3サイズ 300dpi」設定にしてみます。


上記設定に必要なサイズは4961×3508(横設定)となっています。
実際に5.9Kサイズの画像をA3カンバスサイズに入れてみました。

A3用紙サイズ(300dpi)に近い解像度です。
もちろん、写真データと比べると圧縮率が異なるので、同じ画質ではありませんが、6K動画から切り出される静止画は印刷用としても十分使用できるサイズです。

【動画から切り出した写真を印刷してみました】


印刷サイズはA3サイズよりも大きいA3ノビです
印刷した写真を見ると、動画からの切り出しを感じさせない綺麗な仕上がりとなりました。
従来、撮影した動画はPCやテレビで鑑賞するのが一般的でしたが、動画からベストショットを選び、印刷して楽しむのも面白いと思います。

一つのデータで写真・動画を制作できれば制作コストを抑える事もできます。
6K動画は一人で写真・動画の撮影をこなすクリエイターの強い味方となってくれるでしょう。
皆さんも是非、S1Hの6K撮影を活用して新たな映像表現に挑戦してみてください。


▼映像関連ブログのバックナンバーはこちら▼





▼映像制作におススメの機材▼



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月02日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!8票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む