Select Language

MACRO日記 Vol.2

[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月17日 10時30分]


日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、

Canon EOS 90D
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

の組み合わせで撮影してきました。


EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。

Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200


まずは紫陽花。前回のMACRO日記でも撮影しましたが、紫陽花は長く楽しめる花です。
緑色の花が咲き、枯れても花弁が散らないのが紫陽花。また、紅葉のように赤く変色する品種もあります。
咲き始めから枯れるまで様々な姿を見せてくれるのが魅力的です。



Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/100秒 ISO:800


赤いラインが特徴的な植物。葉が重なり合うように群生しており、それを平面的に切り取った1枚です。
水滴や土、画像周辺もしっかりと描写されているのがわかります。
背景にはボケている黄緑の葉があり、平面の中にも立体感を感じさせるいいアクセントになっているのではないでしょうか。



Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/100秒 ISO:500


次は1枚の葉にフォーカスして撮影してみました。
濡れている葉の質感がどこか寂しく感じるよう、WBを青に寄せて冷たい雰囲気に仕上げました。



Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/125秒 ISO:400


オレンジ色の花。
細かい花弁のシワや水滴がしっかりと写っているのがわかります。
有効画素数約3250万画素のセンサーの解像度は伊達ではありません。

Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/100秒 ISO:1000


私はフルサイズで100mmマクロを使うことが多いのですが、稀にもう少し寄りたいと思うことがあります。
今回はAPS-Cサイズのセンサーのボディであったため、焦点距離は1.6倍された160mm。
普段は望遠レンズに換えて撮影していた蓮の葉もレンズを換えることなく思った構図に収めることができました。



Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/125秒 ISO:400


足元に咲いていた小さい白い花。この写真はライブビューで撮影しました。
EOS 90Dはライブビュー撮影時、AFエリアが細かく選択できます。
この機能がマクロレンズとの相性が良く、マルチコントローラーや液晶のタッチで快適にAFを指定することができます。
また、ライブビュー撮影時でもEOS Rなどのミラーレスカメラのようにサクサクとシャッターを切ることができ、ストレスを全く感じませんでした。



Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:640


葉の上に乗った無数の滴。
この写真はカラーで撮影したものを彩度を調整しモノクロに仕上げました。私がモノクロ写真を作る際はいつもこの方法で現像しています。
始めからモノクロで撮影すると、カラーで出力したいと思っても後からは色を追加することができないためです。


Canon EOS 90D + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

焦点距離:100mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:500


植物を撮る私にとってマクロレンズは必需品。
特にCanon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMは程よい重量感を素早いAFで、撮影時は常に持ち歩きたい1本です。
画像周辺がしっかり写るCanon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMの描写性能とEOS 90Dの高解像度は最高の組み合わせと言えるでしょう。

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM、次回はフルサイズ機で撮影してみたいと思います。



今回使用した機材はこちら









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月17日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む
〇〇越しの××

【FUJIFILM】〇〇越しの××[2020年02月23日]

カメラを持ち歩いて「どういうものを撮ろうかな」と考えたとき、 必ず意識していることの一つで “〇〇越しの××” というものがあります。 “引っ越しの××” ではございません。 所謂、前ボケを活かした写真です。 今回「FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」を使って、 そんな “〇〇越しの××” を撮ってきました。 “網越しの蛇口” 商店街を歩いているときに...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II

【OLYMPUS】万世橋・昌平橋界隈を歩く[2020年02月22日]

今回は御茶ノ水駅~秋葉原駅間を歩いてみました。 このあたりには今まで用事が全くなく、筆者にとっては東京駅や千葉方面に行く時の、 単なる「車窓の風景」でした。ふと、行ってみたいと思い、訪ねることに。 少し歩くだけでも歴史を感じさせる面白いものが次々と見つかり、 こんなに撮りたくなるものがあるのかと、驚きつつ撮影しました。 「こんな素晴らしい場所をなんで今まで知らなかった...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T3+CONTAX (コンタックス) Planar T*50mm F1.4

【FUJIFILM】X-T3 meets 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4[2020年02月22日]

2月も下旬を迎え、新宿にも梅の花が咲き始めました。 春の足音がすぐそこまで近づきつつある穏やかな気候が、カメラへの探究心や好奇心をくすぐります。 そこで今回は私の所有している数少ないオールドレンズを持ち出して、昨年末に丸の内界隈を散策した様子を僭越ながら紹介させていただきたいと思います。 ↓今回使用した機材↓ 【FUJIFILM】X-T3 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4 【K&F C...
続きを読む
D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む