Select Language

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年11月12日 17時18分]



秋になり、過ごしやすくなりました。
普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。
今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。
その施設とは・・・


〈首都圏外郭放水路〉


通称、地下神殿とも呼ばれています。
今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。
首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。
いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。
首都圏外殻放水路は三脚持ち込みが可能で、一部以外は撮影可能となっています。

D610 24-85mm

こちらはポンプ室です。
航空機に使われるガスタービンを改造したポンプが計4機設置されています。
フル稼働時は25メートルプール1杯分の水を1秒で排出できます。

D610 24-85mm

配管ひとつが重要な役割を担っていると考えると、ついシャッターを切ってしまいます。

D610 24-85mm

なんの変哲もない螺旋階段ですが、重要な施設の中にあると不思議と存在感があります。

D610 24-85mm


D610 24-85mm


D610 24-85mm



そしてついに地下神殿(調圧水槽)へ…

D610 24-85mm

階段を下りていくとそこには…

D610 24-85mm

巨大な地下空間が!
・・・圧巻でした。
高さ18メートル、重さ500トンの柱が59本も立ち並んでいます。


地下の自由時間は約10分ほど。
手持ちでも撮影できるかもしれませんが、地下だけ軽量の三脚を使用しました。
こういった施設が生活を守ってくれていると考えると感慨深いものがあります。
機会があれば一度訪れてみてください。



使用した機材はこちらです。

【ボディ】Nikon D610
【レンズ】Nikon AF-S NIKKOR 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

D610はフルサイズセンサーのカメラです。
昔は高価だったフルサイズセンサーのカメラも驚くほど手頃な値段になりました。
電子ファインダーが主流になりつつありますが、D610のような光学ファインダーで撮影するのもやはり面白いものです。
秋も本番。D610を持って撮影に出かけてみてはいかがでしょうか。
















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年11月12日 17時18分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む