Select Language

【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]



SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/50 F2.0 ISO100

長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。

そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。
APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。
発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1600 F2.0 ISO100

最早多くを語る必要はないだろう。
写真を見て、感じてほしい。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

記憶に新しいところで挙げられるのが
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
であるがこの2本と比べても大変コンパクトかつ軽量なのが1つの特徴になるだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1250 F2.0 ISO100

描写に関してはもう何も申す事がない。ただ、ただ素晴らしいの一言だ。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/320 F2.0 ISO100

コンパクトながらも設計に無理がないためか
絞りを開けた状態から周辺の光量も比較的豊富である。
65mmや110mmは背景によって、口径食を気にしながら絞りの選択をする必要があったが
この点においてもかなり良好である。気になる方はF2.8まで絞ると良いだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

前ボケと後ボケどちらも美しくするのは難しいとされるが、特に前ボケが美しいと感じるレンズだ。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1000 F2.0 ISO100

佳い光を、ありのまま捉える。
その光がかたどるモノの形、情緒までも。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/125 F2.0 ISO100

純正とサードパーティーの垣根を超えて
Eマウントボディで使えるレンズとしてマスターピースの1つと言っても過言ではないだろう。

ぜひその手に取って、確かめて欲しい。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む
〇〇越しの××

【FUJIFILM】〇〇越しの××[2020年02月23日]

カメラを持ち歩いて「どういうものを撮ろうかな」と考えたとき、 必ず意識していることの一つで “〇〇越しの××” というものがあります。 “引っ越しの××” ではございません。 所謂、前ボケを活かした写真です。 今回「FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」を使って、 そんな “〇〇越しの××” を撮ってきました。 “網越しの蛇口” 商店街を歩いているときに...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II

【OLYMPUS】万世橋・昌平橋界隈を歩く[2020年02月22日]

今回は御茶ノ水駅~秋葉原駅間を歩いてみました。 このあたりには今まで用事が全くなく、筆者にとっては東京駅や千葉方面に行く時の、 単なる「車窓の風景」でした。ふと、行ってみたいと思い、訪ねることに。 少し歩くだけでも歴史を感じさせる面白いものが次々と見つかり、 こんなに撮りたくなるものがあるのかと、驚きつつ撮影しました。 「こんな素晴らしい場所をなんで今まで知らなかった...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T3+CONTAX (コンタックス) Planar T*50mm F1.4

【FUJIFILM】X-T3 meets 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4[2020年02月22日]

2月も下旬を迎え、新宿にも梅の花が咲き始めました。 春の足音がすぐそこまで近づきつつある穏やかな気候が、カメラへの探究心や好奇心をくすぐります。 そこで今回は私の所有している数少ないオールドレンズを持ち出して、昨年末に丸の内界隈を散策した様子を僭越ながら紹介させていただきたいと思います。 ↓今回使用した機材↓ 【FUJIFILM】X-T3 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4 【K&F C...
続きを読む
D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む