Select Language

【11月30日はカメラの日】私がEOS Rを選んだ理由

[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月16日 13時40分]



11月30日はカメラの日という事で、
今回は手持ち機材のニューフェイス「EOS R」をご紹介します。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


恥ずかしながら私も購入後まだまだ使い倒せてはいないのですが、
「EOS R」は初のRFマウントボディと言う事でお買い換えを悩まれている方も多いかと思いますので、
今回は私が「EOS R」を選んだ理由をお話しします。

私がキヤノンの一眼レフを使い始めたきっかけは、
以前の職場で仕事道具として「Canon (キヤノン) EOS 7D ボディ」が支給されていたところからでした。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


「EOS 7D」、言わずと知れた名機ですが、
雨が降る日も雪が降る日も炎天下の晴れの日も過酷な環境の中でひたすらシャッターを切り続けてもしっかりとその役目を果たし続けてくれました。

その信頼感と操作性に慣れた事もあり、
キヤノン製のボディでステップアップを考えていた私は、
悩んだ末、フルサイズ機にしようと思い至り、
「Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ」を私的なカメラとして購入しました。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM

5D Mark IIIとは共に険しい山道を共にしたり

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


時には晴れの日の思い出にも寄り添ってくれました。

前置きが長くなってしまいましたが、時は流れ、「Canon (キヤノン) EOS R」とRFレンズ群が発表され、
「RF28-70mm F2L USM」の様なこれまでにない規格のレンズの存在がRFマウントの可能性を示唆し、
既存のEFマウントレンズに対してもドロップインフィルターやRFマウントの特徴の一つであるコントロールリングを搭載したマウントアダプターの存在等、
充分手持ちの機材には満足していたのですが、その情報を目にした時に、
最初にカメラを手にした時の様な懐かしいわくわく感が湧いてきました。

今まで築いてきた機材への信頼感もあり、私にとって「Canon (キヤノン) EOS R」はわくわく感と安心感を両立した様な存在でした。

そんな「EOS R」と共に、「EOS 7D」と出会い「 EOS 5D Mark III」と過ごした思い出の地を巡って参りました。


Canon (キヤノン) EOS R+Canon (キヤノン) マウントアダプター EF-EOS R+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM

こちらは広角レンズ「Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM」での一枚。
マウントアダプターによってEFレンズも資産として今までと同じ感覚で使用できます。
鮮やかな発色がEOS Rらしい一枚です。


Canon (キヤノン) EOS R+Canon (キヤノン) マウントアダプター EF-EOS R+SIGMA (シグマ) APO 70-300mm F4-5.6DG MACRO(キヤノンEF用)l

こちらはもう旧レンズとなり弊社では現在お取り扱いがございませんが、
「SIGMA (シグマ) APO 70-300mm F4-5.6DG MACRO(キヤノンEF用)」にアダプターを組み合わせ、
クロップ撮影を用いた一枚です。

撮影地はいずれの写真も同じ池ですが、池を泳ぐイワナをここまでクローズアップ出来ました。

続いてRFマウントのレンズを用いた作例をご紹介したいのですが、
実は私、未だにRFマウントレンズを所有しておりません。

やっぱりスペックにひとめぼれした「Canon (キヤノン) RF28-70mm F2L USM」にするか、
手振れも搭載している「Canon (キヤノン) RF24-70mm F2.8 L IS USM」にするかを悩んでいると、
「Canon (キヤノン) RF70-200mm F2.8L IS USM」の発売も近づいて参りました。

引き続き悩み続ける日々ではありますが、まだまだ広がる可能性に物欲をくすぐり続けられる事がわくわくしてたまらないのです。






[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月16日 13時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む