Select Language

【11月30日はカメラの日】私の愛道具の変遷回顧コニカミノルタからソニーへ

[ Category: SONY|掲載日時:2019年11月22日 10時45分]

11月30日はカメラの日ということで、
今回、私の愛機というテーマで書かせていただきました。
実は私には愛機と言う物がありません。
その季節、時期で撮りたいものが変わるので、
愛機というよりは愛道具と言った方がいいでしょうか。
初めて デジタル一眼レフを買った機種は、
SONY α77II


SONY α77II


コニカミノルタα-7 DIGITALでした。

なぜこれを選んだのか。
私はカメラを選ぶ際、撮りたいものを基準に考えます。

この当時(2004年発売)、マクロレンズで 手ぶれ補正を使えるデジタル一眼レフボディはこれしかなかったのです。

確か、この頃はキヤノンもジグマも手ぶれ補正機能が着いたマクロレンズはなかったはずです。

特に私は被写体に植物や昆虫、動物を撮るので暗くても 多少ブレない。

このカメラが、 私に合いました。

久し振りに出してみました。
【α7】は他のメーカーの名前になってしまい、
感慨深いです。

SONY α77II


APS-Cサイズ有効画素数約610万画素のデジタル一眼レフです。
比べられないけど、今のSONY α7RIVの十分の一の画素、ご先祖様になります。

この時購入したレンズが使えるので、単純にそして、 ミノルタα、コニカミノルタαから、ソニー A マウントの機種にずっと、 お世話になっております。


次に購入したのは、ソニーα100(2006年発売)。
1000万画素を超えた解像度が欲しい欲求でを購入しました。
久しぶりに引っ張り出しました。
繫々と本体を眺めて、相当使ったなぁと感じました。
傷だらけでグリップのレザーが剥がれて、シリアルも消えている状態です。
今ところ、一番撮影したデジタル一眼レフです。
およそ、8万ショット(購入した時から、ファイルをカウントしてました)。
このクラスの機種にしては良く持ちこたえたなあと
思いました。

あれ・・・・・・・。
よく見るとα100のロゴがない。

SONY α77II


SONY α77II


裏のモニターの下にありました。
そんな発見も面白いと思いました。

SONY α77II


次に控えますは、SONY α55 (2010年発売)です。
SONY α77II


理由は視力が衰えてきたのでピント拡大機能が重宝すると思ったからです。
特にこの機能は虫の眼に合わせるのに便利でした。
考えてみたら、このカメラのファインダー、ミラー「トランスルーセントミラーテクノロジー」は今のミラーレスのお爺さんに該当するのでしょうか。

SONY α77II


ボディが小さいので、今でもコンパクトデジカメ代わりに活躍してます。


お次に控えますは、SONY α77(2011年発売)。
αシリーズには【7】は欠かせない番号だと思います。
ファインダーは高解像度の有機ELファインダーで虫の複眼のザラザラ感に合わせやすくなりました。
このあとのα77Ⅱとどこが違うんだ。
αのロゴがオレンジでしょうか。

SONY α77II


今回、カメラの名称の次に()で発売年を記載させて頂いてますが、この年はこんなデジタルカメラが出ていたんだと参考になれば幸いです。

SONY α77(2011年発売)、この年、東日本大震災はもちろんですが、カメラの工場国「タイ王国」での災害でカメラメーカーも被害を受けました。
ソニーも打撃を受けたと聞いています。
このα77は、影響受ける前に運よく船に乗って日本にやって来たカメラだとう記憶を思い出しました。

現在、主機のSONY α77II(2014年)です。

SONY α77II 


発売されて5年が経ちました。
これより新しいα99Ⅱ(2016年)も3年が経過がしました。
Aマウントはどうなるのでしょうか。

SONY α77II


とはいえ、私にとっては満足している愛する道具です。
これからも出来る限り使いたいと思います。

いつもこのレンズを着けて近所の公園、遠出をしております。

公園を歩いていると丁度、カワセミが、前方7メートル位に着ておりました。

さて最後に、問題です。
このカワセミは雄でしょうか。雌でしょうか。

   答えは一番最後に・・・・・。


SONY α77II


【参考文献】

鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 永井真人 著 茂田良光
                   監修 文一総合出版

答え:雌(区別の仕方くちばしの下が赤いのが雌、くちばしの下が青いのが雄)

 最後まで、有難うございました。










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category: SONY|掲載日時:2019年11月22日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む