Select Language

【11月30日はカメラの日】とある50R マウントアダプター編

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月27日 11時00分]




とある50R マウントアダプター編


突然ですが、マウントアダプターはお好きですか?
昨今、たくさんのマウントアダプターが発売されています。
自分の使っているボディに色んなレンズがつけられるとは、大変面白い事です。
よもやマウントアダプター黄金時代、この波に乗るしかありません。

マウントアダプターを使う時に気を付けたい点の一つが「フランジバック」についてです。
「フランジバック」とはカメラのレンズをつけるマウント部分から撮像面(センサー)までの長さを言います。
この長さはカメラ及びメーカー毎にそれぞれ異なっているとともに、
非常に繊細で長さが合わないとピント合わせなどに支障をきたします。

たとえば、通常はNikon FマウントのレンズをFUJIFILM Gマウントのカメラにつける事はできませんが、Nikon Fマウントのフランジバックに合わせてあげることで、なんとびっくり、つけることが出来ます。
(ただし、電子接点などの問題でMFのみの使用となったり限定的な利用となることが多いです。)

このフランジバックの長さを足す役割を担ってくれるのがマウントアダプターなのです。


注意したいのはフランジバックの長いボディにマウントアダプターを介して色々なレンズをつけることは大変難しいということです。

足し算はマウントアダプターを用いれば簡単ですが、引き算となるとカメラのマウント部よりも内側にレンズをつけなければなりません、つまりフランジバックが短ければ足し算をたくさんすることができ、よりたくさんのレンズをつけられる可能性があるわけなのです。伸びしろがあるということです。

さて、

そんな中、今回はGFX50Rにマウントアダプターを介してNikonFマウント、PENTAX67用レンズを付けてみました。


マウントアダプター


マウントアダプターごとに大きさも様々です。

まずはPENTAX67用レンズから!


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


威圧感がありますね…。

今回チョイスしたレンズは、
『逍遥』PENTAX 67

でも使用した、smc PENTAX 67 90mm F2.8です。
さすがは6×7をカバーするレンズ、大変存在感があります。

GFX50Rを手にしてからは軽量なレンズばかり使っていたため、この重さは修行に近いものを感じました。

それでは GFX50R×smc PENTAX 67 90mm F2.8で撮影したものを…!



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



ふんわりとなだらかなボケが印象的です。
レンズとしては古いですが、5000万画素程のカメラで撮影しても問題はないと感じました。



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


落ち着きつつも、色はしっかりと表現されているように感じます。


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


F8程度まで絞るときりっとシャープに!

フルサイズ換算71mmのレンズですが、
ついパノラマも撮りたくなってしまいます。


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


『逍遥』PENTAX 67
と引き続き感じた事としては、白の表現がすごく魅力的であるということです。
コントラストは低めでありますが極端に低いというわけではなく心地よさを感じます。


さて次に参ります。
もうしばしお付き合いくださいませ。


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


祖父の形見としてもらったNikkor-S Auto 35mm F2.8です。
見よう見まねでAi改造をしたり、旅行中に落下させてしまったり、たくさんの思い出を共にしたレンズです。
コンパクトでGFXにも良く似合うと感じました。

それでは撮影した写真を…


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


やはり周辺は大きく減光し、ケラれますが思い出のレンズという補正もあり、魅力的に感じました。
色は少しこってりと出る印象です。
GFXにつけるとフルサイズ換算28㎜とスナップにもちょうど良い画角となります。

パノラマに参ります。


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


パノラマに切り替えると、四隅の減光もさほど気にならず、
周辺の流れも良い雰囲気を醸し出します。

おまけとして…

GFX50R + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8Gでも撮影を試みました。
もちろん電子接点や絞りも制御出来ませんが、趣味としては大変満足です。

GFXにマウントアダプター、まだまだ検証を重ねたい次第です。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月27日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!15票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む