Select Language

ぼくらのズミクロン日記Vol.6 ~知的で、エレガントなメガネっ子~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

We are Summicron!!


この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


今回ご紹介するのは、DRズミクロンM50mmF2 です。
DRズミクロンM50mmF2

1953年に登場、その解像力の高さから、戦後のライカレンズを代表する銘玉の評価を得たズミクロン50mmF2。

M3の発売と同時にMマウントになり、その後固定鏡胴化。
1956年レンジファインダーの機構上難しいとされていた近接撮影を可能にしたモデルとして発売されたのが、このDRズミクロンM50mmです。

通常は従来のズミクロン50mmと同様、1m~∞の範囲で撮影が可能ですが、メガネ(近接アタッチメント)を取り付けることでロックが解除され、
約48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働し、近接撮影が可能になります。

2つの撮影範囲を持つことが「DR(デュアルレンジ)」の名称の由来になっています。

メガネなし

メガネを外した状態。 1m~∞の範囲でヘリコイドが動く。

メガネあり

メガネを装着した状態。 ピンをずらし、48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働可能になる。

とっても凝った仕掛けで、それだけでも所有する喜びが得られます。

なお、距離計連動部分の形状上、残念ながらデジタルのMボディでは近接撮影が出来ません。


実際に2つの最短距離で撮影すると、こんな感じに。

メガネなし

通常撮影の最短1m。

メガネあり

近接撮影時の最短約48cm。
レンジファインダーでこれだけ寄れれば、撮影の幅もぐっと広がります。

その時の被写体との距離感は、こんな感じ。
ビールあり

手を伸ばせば届きます。

メガネなし

もう1枚、メガネ無しの最短1m開放F2。

現代のレンズのような滑らかなボケでなく、いかにもオールドレンズらしく二線ボケも見受けられますが、
それが逆にレンズの味になっています。

メガネあり

メガネ付き近接約48cm。 近接の方がボケが素直か。


オールドレンズは本来、開放より2,3段絞ったところで真価を発揮するものが多いです。

というわけで、日中、少し絞っての撮影になると、なんともシャープで立体感のある描写に。

M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


ちょっと古風な雰囲気を持った優等生なレンズです。

喩えるならクラスの学級委員長タイプ?
とはいえ、決して冷たく厳しい印象ではなく、自然と知性を感じさせる優雅な物腰。
休み時間や放課後は素顔で過ごし、勉強の時だけ細いフレームの眼鏡をちょこんと掛け、
清楚で知的な雰囲気に…

こんな子と一緒なら、普段は見過ごしてしまっていたような、道端にひっそり咲く花にも目をとめ、
「きれいだね… こんな素敵な発見も君がいたからだよ!」なんて…

…貴方もDRズミクロンとの素敵なデート、いかがですか?!

メガネっ子










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む