Select Language

【11月30日はカメラの日】 CONTAX645 

[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月26日 21時00分]


CONTAX645

CONTAX645。
「コンタックス ロクヨンゴ」と読みます。

フィルムカメラを始めて少し経つ頃、「CONTAX 645」という文字と数字の組み合わせに興味を持ちました。
645とは6×4.5のフォーマットを意味する言葉。
中判フィルムカメラと呼ばれるもの。
通常の35㎜判と呼ばれるフィルムよりも大きな120フィルムを使用するカメラです。

そんな中でも筆者の心を「バシッ」と射抜いたのがこのCONTAX645でした。
CONTAX645



特筆すべきはこの滑らかなフォルム。
手にすると、「嗚呼、いいなぁ」と思わず声が漏れてしまいます。
プラスティックとは思えない仕上げ。質感が完璧です。

そして機能美。美しいカメラはボタン配列も当然磨き抜かれ、撮影者を支えます。
CONTAX645


如何でしょう。ユーザーの事を考えぬかれたボタン配置と握りしめると手の平に寄り添うそのグリップ。
マニュアル、絞り優先、これだけの多機能をこれだけのコンパクトボディに落とし込むのは流石です。

開発時には特にこだわって調整されたというシャッター音に関しては使った誰もが「良い音だなぁ。」とつぶやいてしまいます。
私もたまに空シャッターを切りつつお酒を嗜んでいます…。

CONTAX645

そしてシャッタースピードも非常に早く優秀です。
中判カメラの中では1/4000秒という高速シャッターを実現しており、1/250秒のシンクロ同調も実現しています。

また、ファインダーもみやすく、フォーカシングスクリーンも水平スプリットマイクロプリズムの「MFS-1」や全面マットの「MFS-2」、方眼マット「MFS-3」の3種類があります。
個人的に一番使いものは標準装備されている全面マットの「MFS-2」です。
これとPlanar 80mm F2を組みわせた時は「本当にこのカメラいいなぁ~!」と実感できるでしょう。
風景を撮る際は方眼マットがおすすめです。

CONTAX645

何処かが壊れてしまっても、こうやってバラバラに別れるのでその部分だけを交換すればすぐ撮影に復帰できるというシステマチックな一面も。(贅沢な話ですが…。)

「クラシックカメラ」という言葉ではくくりきれない少し近未来的なデザイン。
そのデザインは現代のカメラと並べても十分に通用するものだと感じます。

最初に見ていただいた写真をもう一度。
CONTAX645

正面にボディネームを入れずにボディの側面にサラッと印字された「CONTAX645」の文字。
毎日見ても飽きないカメラです。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月26日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む