Select Language

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年12月03日 20時00分]


PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。
一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで
お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


その中でも今回取り上げる67IIは、
AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの
使用が可能なところが最大のポイント。
これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に
テンポ良く速写が可能になります。
測光モードも3種類切替可能。露出精度も非常に高く、カメラ任せで
しっかり結果も残してくれる頼もしい1台。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


ファインダー内もデジタル表示になり、
先代のTTLファインダーは横に露出確認用の針が置いてあるだけのシンプルなものでした。
しかし67IIでは他社のフィルム一眼レフに近いインターフェイス。
フィルムカウンターもご覧の通り。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


中判カメラには様々なフォーマットサイズがあります。
使いやすさと機動性を両立した6x4.5、正方形の真四角が印象的な6x6。そして今回の6x7。
その特徴は撮影後のネガの迫力ある大きさや、情報量の多さも挙げられますが
筆者としては「明確な目的は無いが、ふと"撮りたい"と思ったら撮る」場合に
この6x7フォーマットが何故か丁度良くフィットします。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


場所の気配や、漠然と見えつつも明確には決まらないもの。
6x7になると何故かそれがある感覚はやはり他のフォーマットには無い大きな魅力です。紅葉も関東はこれからの所も多く、中判の醍醐味を味わえるシーズン。皆様もこの機会に6x7の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。紅葉を活かしたポートレートや、ダイナミックな風景撮影に、この67IIは存分に活躍してくれるでしょう。





〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年12月03日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む