Select Language

【Canon】BAZOOKA日記 Vol.3

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月12日 13時00分]


夏の撮影以来、4ヵ月ぶりの超望遠レンズでの撮影に行って参りました。
12月1日、向かったのは茨城県。百里基地航空祭2019で航空機の撮影に挑みました。
私自身、ブルーインパルスの展示飛行を生で見るのは初めてで、どのように撮るのか模索しながらの撮影となりました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:250



今回は、

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II
Canon (キヤノン) EF400mm F2.8L IS II USM

で撮影しました。

EOS 7D Mark IIはAPS-Cサイズのセンサー搭載機。
有効画素数は約2020万画素で最高約10コマ/秒の高速連写が可能なカメラです。
画角が1.6倍されることから、動体撮影などで明るさを保持したまま大きく撮りたいという場合に力を発揮します。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



そして、今回使用したEF400mm F2.8L IS II USMはIII型が発売されたため、最新のレンズではなくなったものの、AF速度や解像度は申し分ない性能です。
EOS 7D Mark IIとの組み合わせにより焦点距離は560mmとなりました。
滑走路に近い場所で撮影しており、見切れてしまうことがあり苦労する場面もありましたが、その中からお気に入りの写真を選びました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



まずはダイヤモンド・テイクオフと呼ばれる編隊の写真。
撮影した角度からはわかりにくいですが、4機でダイヤモンドの形を作っています。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



6機による編隊。スモークの質感がしっかりと表れています。
ブルーインパルスのアクロバット飛行では他の航空機の飛行展示とは違い、このようなスモークをいかにして撮るかといった難しさがありました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



6機の編隊を組んだまま私の頭上を飛んで行った際に撮った1枚。
先に通り過ぎて行った機体のスモークの間を飛んでいる後続機です。
機体の細かい線や部品のディテールがしっかりと描写されています。
流石の解像力です。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



そして、通り過ぎて行った後。
画面の対角線上に機体が並ぶように構図を意識して撮影しました。
ブルーインパルスのアクロバット飛行で驚いたのはエンジン音の静かさでした。
F-15などの力強さと違い、優雅さを感じました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



航空機を撮影する時、私には撮り方が2つあります。
1つ目は航空機のディテール。
その機体が持つものとしての美しさと、煤や土、雨などによるリアルな使用感が好きでそれらを撮ろうとしています。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F7.1 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:500



2つ目はイメージとして航空機。
航空機が主題の写真であることに変わりはありませんが、機体の細部を撮るのではなく、風景の一部として捉えるといった感覚です。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:500



EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



いかがでしょうか。
今回の百里基地航空祭2019は曇り時々晴れといった天候であったため、ブルーインパルスのスモークが見にくいことがありました。
また、撮り慣れない部分があったりと技術的にも十分でないと感じることがありましたが、楽しみながら撮ることができました。
イメージとして被写体を捉える撮り方も今後追及していきたいです。
今度は青空の中を飛んでいるブルーインパルスが撮れることを祈っています。


EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO:800





今回使用したカメラはこちら










〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月12日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む