Select Language

2020年 新年初売り!『福銭』プレゼント!

[ Category: etc.|掲載日時:2019年12月31日 12時00分]


毎年恒例!“福銭”を2020年もお客様にプレゼントいたします!



Leica Q2


鎌倉駅に降り立ちました。
鎌倉といえば…

そう!銭洗弁財天です。

今年も大量の5円玉を清めるため、銭洗弁財天 宇賀福神社を訪れました。

ブログに使用した機材は、FUJIFILM GFX50R + GF50mm F3.5 R LM WRとLeica Q2です。
GFX50Rの素晴らしいところは、『中判カメラを使う!』と気張らずに使うことが出来る点です。
中判カメラのシステムとは思えぬ機動力があり、私が持つ1,500枚の5円玉(重量約5.5Kg!)と合わせても肩への負担はさほど感じませんでした。

また、今回はGF50mmを持ち出したため、広角域をQ2で撮影しました。
描写力、階調共に素晴らしく、28mmという画角はスナップ撮影に最適だと再認識しました。



GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


さて、小町通を歩きます。
美味しそうなお団子や素敵なお店が立ち並ぶ中、誘惑を断ち切りながら向かいます。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR



GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR



GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


道なりに進むと電信柱などに看板が出ていました。
地図に弱い私も迷うことなくたどり着くことができました。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


トンネルを抜けます。
ヤッホーと叫びたくなる気持ちを抑えながらシャッターを切ります。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR

そして最終関門の坂です。
肩にカバンがめり込み始めますが、足を止めずに向かいます。


Leica Q2


到着しました。
岩場に穿たれた神秘的な佇まい、銭洗弁財天 宇賀福神社です。

源頼朝が文治元年(1185年)に佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに宇賀神を祀ったと伝えられており、
正嘉元年(1257年)に、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれています。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR

入口がトンネルになっており、抜けるとそこは雪国…ではなく境内が広がっています。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR

今回は3,000枚の5円玉を洗うため、頼りになりそうなざるを選びました。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


Leica Q2


まずはロウソクと線香に火をつけ、お参りをします。
今回の画像はリサイズしていますが、拡大しても溶けた蝋の部分の立体感が表現されていました。中判センサーの階調の良さをこのサイズで楽しめることは大変素晴らしいと感じました。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


境内にある洞窟に入ると、そこには湧き水が。
ざるに5円玉を移し、洗わせていただきます。

心まで清められそうな冷たさです。
込められた思いを胸に、一心に清めます。


GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR



GFX50R+GF50mm F3.5 R LM WR


最後に清めた5円玉をご祈祷をしていただき、無事、銭洗いも閉幕です。



2020年 新年初売り!『福銭』プレゼント!!

そして出来上がったのがこちら!

この福銭は、お正月限定でMapCamera.com及び、マップカメラ店頭でお買い物をしていただいた方先着3,000名様にお配りいたします。
なお、MapCamera.comご利用の場合は、発送順とさせて頂きます。

福銭は使用してご利益のあるものですので、『ここぞ!』という時に使うと幸運がつかめるかもしれません。
来年も皆様にとって良い年になりますように。



2020年もマップカメラをよろしくお願いいたします!


[ Category: etc.|掲載日時:2019年12月31日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む