Select Language

天空のオアシスとKiss X7

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月17日 13時19分]



水族館といえば海沿いにあることが多いですが、海の無い都会の中心ともいえる池袋には「天空のオアシス」というコンセプトの水族館があります。

その名もサンシャイン水族館。

サンシャインシティの屋上にある水族館ですが、その立地を活かした展示も多く、東京にある水族館のなかでも特徴的だと思います。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】




空を飛ぶペンギン。
水槽の中を飛ぶように泳いでいく姿に、ビルが写る。
不思議な構図です。


クリスマスも近いということもあり、名物のカワウソ・グリーティングもクリスマス仕様になっていました。


【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】

【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】


コツメカワウソは指先がとても器用な動物で、トレーナーさんに連れられながら氷やおもちゃの小物で遊ぶしぐさはとても可愛らしく。

とはいえなかなか家庭で飼えるものでもないので、しっかりとここでその可愛さを目に焼き付けます。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



ショー終わりの帰り道。チャンスがあり、かなり間近で撮ることができました。
おもちゃの中には小魚が入っていて、器用に手で取り出して食べる姿を楽しめました。


続いて、常設の水槽も観覧していきます。

水族館独特の暗がりに溶け込む青い水槽の光。
これがなんとも落ち着く空間で、これが水族館めぐりを趣味とする理由のひとつです。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



スケルトンボディが特徴的なトランスルーセントグラスキャットフィッシュ。
透明な魚というのは意外と数多くいるもので、水族館でも楽しみにしている魚のひとつです。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



こちらはキッシンググラミー。
闘争する時にキッシンググラミー同士でキスをするように口をぶつける姿からこの名前になったそうです。
ロマンチックな姿には争いが・・・・・・。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



魚屋さんで見かけるような魚ももちろん水族館には展示されています。
つぶらな瞳が個人的に好きなポイントです。
食べるだけではなく、こうして生態を学ぶ事ができるのも水族館の魅力の一つではないでしょうか。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



最後にカエルの写真をひとつ。
種類は失念してしまいましたが、ヤドクガエルの一種だったかと思います。
苦手な方は多いかもしれませんが、小さなカエルにクローズアップして撮ってみると、普段私たちが何気なく踏んでしまうコケなどの植物が大きく見えたり。
カエルの見えている世界を想像してみるのも面白いものです。


今回この記事を書くにあたり、Kiss X7のキットレンズのみを使うということで写真を撮りましたが、やはり暗い水族館の中、小さい魚を撮るには少し物足りない面もありました。

また、事前にショーなどを観覧する予定がある場合は、やはり望遠レンズは必須だと思います。
予定が無くても、ペンギンなど柵越しに展示されているものを撮る際にも便利なので持っているといい1本かなと思います。

都内の水族館は他にもあるので、また折を見て水族館めぐりをしてみたいと思います。

サンシャイン水族館の隣にはレンズも作っているコニカミノルタが運営している「満天」というプラネタリウムもあります。

是非一度、サンシャインシティの屋上に足を運んでみてはいかがでしょうか。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】





▼今回使用した機材はこちら▼


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月17日 13時19分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む