Select Language

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.6 欲しいリスト 人気ミラーレスレンズ ランキング 〜

[ Category: etc.|掲載日時:2019年12月23日 12時00分]
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.6 新品・中古ミラーレスレンズ 欲しいリストランキング 〜


2019年も残すところあとわずか!今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、
より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。
今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、
各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただければと思います。

新品 ミラーレスレンズ
欲しいリスト人気ランキング

トップ20の商品の内、なんと14商品がソニーEマウント(フルサイズ対応)レンズ。ここでもα7/9シリーズの人気の高さが伺えます。便利な標準域のズームレンズから単焦点レンズまでレンズのバリエーションも豊富。この充実したラインナップが、他社の追従を許さない強さの秘密なのかもしれません。

1位に輝いた『TAMRON 28-75mm F2.8 DiIII RXD 』は、先日発表した売上げランキングでも1位を獲得した商品。欲しいという思いが、そのまま購入につながっている不動の人気商品です。大三元と呼ばれる大口径F2.8のズームレンズながら、ミラーレス機のメリットを活かす軽量設計ですから人気の高さも納得です。

2位の『SONY FE 24mm F1.4 GM』は、販売ランキングでは18位に。ソニーレンズのなかでも最上位のGマスターレンズ。高価なレンズですから、すぐには購入できなくても、いつかは欲しいという思いが伝わります。

ソニー用以外は、FUJIFILMとNikonが2本づつ、CanonとOLYMPUSが1本づつという結果になりました。

中古 ミラーレスレンズ
欲しいリスト人気ランキング

中古部門もSONY軍団強し!という印象ですが、マイクロフォーサーズの奮闘が目に留まります。

1位に輝いたのは、OLYMPUSの標準域大三元『M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO』。売上げランキングでも4位にランクインしていることから、マイクロフォーサーズでは不動の人気レンズとも言えます。センサーが小さい分、大きなボケが得られにくい印象があるだけに、レンズはより大口径が求められるのかもしれません。そして注目のマイクロフォーサーズでは、8位と14位にPanasonicライカレンズがランクイン。LEICAの名は欲しいという気持ちをさらに高める不思議な魅力があります。

2位には『FUJIFILM XF 35mm F1.4 R』がランクイン。便利なズームレンズを抑え、ミラーレスレンズランキングの売上げ/欲しい(新品/中古)の4部門全てに名を連ねました。FUJIFILMの神レンズと呼ばれるほど評価の高いレンズで、まもなく登場から8年を迎えようとしていますが、その人気に衰えは感じられません。

3位の『SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA』も登場から7年経った今でも高い人気を維持しているベストセラーレンズ。新品部門では同じZEISSブランドの「Batis 40mm F2 CF」に先着を許しましたが、価格的にお得感のある中古では、その存在感をしっかり示しました。

新品・中古人気アワード Vol.7 欲しいリスト 人気一眼レフレンズランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.4 カメラアクセサリ ランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.3 一眼レフ用レンズ ランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.2 ミラーレス用レンズ ランキングはこちらから

新品・中古人気アワード Vol.1 デジタルカメラ ランキングはこちらから


[ Category: etc.|掲載日時:2019年12月23日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む