Select Language

【街で見つけた形にフォーカス】 MACRO日記 Vol.3 【OLYMPUS】

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2020年01月02日 11時00分]


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「街で見つけた形にフォーカス」ということで、2020年最初のMACRO日記は少し被写体の形に着目してみます。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


2019年の12月、中学時代からの友人と2人、向かったのは群馬県の草津温泉。
1泊2日、男2人温泉の旅です。
身軽に楽しみたいことからカメラは、

OLYMPUS OM-2
OLYMPUS OM 50mm F2 MC Macro

を選びました。
フィルムはお気に入りのKodak ULTRAMAX 400を使っています。

旅行の荷物は着替えより機材の量が多い私にとって、今回はカメラとレンズ1本だけ。
写真を撮るより友人とのんびりする旅にしたかったからの選択でもありました。




OLYMPUS OM-2は1975年に発売されたフィルム一眼カメラ。
世界で初めてTTLダイレクト測光方式を採用したカメラです。
実際にフィルム面に当たっている光を測光する方法で、誤差の無い露出で撮影することが可能となっています。
現在では当たり前となった機能ですが、当時は画期的なことでした。
OLYMPUS OM 50mm F2 MC Macroはマクロレンズで開放がF2という性能。
写りはシャープでボケも綺麗なので標準レンズとしても十分に使えるお気に入りの1本です。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


旅の始まり。
上野から電車に乗り長野原草津口駅へ。
丁度お昼時だったのでお弁当を買い、車内でいただきました。
白米の上に乗った赤い丸い梅干し。
からあげは歪な形をしていて同じ形は2つとありません。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


友人と互いの近況を話ているうちに電車は長野原草津口駅に到着。
駅からはバスで草津温泉に移動しました。
ホテルに着くと玄関前に手湯が。
手湯には疲労回復や冷え症改善などの様々な効果があるそうです。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


チェックインを済ませ、カメラだけ持って湯畑を見てみることに。
湯畑には四角い湯樋がずらっと並んでおり、湯気と硫黄の独特な香りがしました。
等間隔で設置されている灯りと湯樋をどう撮れば面白いのか、形が単純なだけに悩まされました。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro

湯畑を散策。
ローアングルからの1枚で、湯煙の中を歩く人を撮影。
ライトのオレンジ色の光が柔らかく写っています。
カラーネガフィルムのKodak ULTRAMAX 400はISO感度が400でコントラストが高く、シャープな写りです。
このフィルムは独特な青色の発色性がある一方、オレンジ色の発色が柔らかく、温かい仕上がりになる特徴もあります。

この日の散策はここまでにし、ホテルで夕食をいただきました。
夕食後は再び湯畑に行き、営業時間ギリギリのところで露天風呂に入りました。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


旅の2日目にして最終日。
ホテルをチェックアウトし、買い物をしようと湯畑へ。
天気予報は曇りでしたが運良く晴れに。
晴れたことからか、昨日の夕方のとは違い、静かで青い光景でした。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


湯畑から歩くこと5分程、昨夜は真っ暗で何も見えなかった西の河原公園へ。
所々温泉が湧き出しており、川や小さな池を形成していました。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


その中でも、透き通ったエメラルドグリーンの色をした池があちらこちらに。
白い石との対比が珍しく、しばらく眺めていました。
また、自然の中に四角形や三角形、丸といった形を探しましたが、綺麗なものは見つかりませんでした。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


散策を終え、街に戻る際中、赤、青、黒とそれぞれの色で塗装されたレトロなポストを発見しました。
丸みのあるフォルムをしており、兄弟のような可愛らしさを感じました。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro


小腹が空き、何か温泉地らしいものが食べたいと思っていた矢先、温泉卵の看板が目に入りました。
殻の表面には僅かではありますが、凹凸がちらほら。
卵を片手に1枚撮りました。
マクロレンズだと近くのものも撮れるので便利です。


OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro

フィルムカメラでの温泉旅行。
ゆったりとした気分で楽しむことができました。
フィルムの粒子感が温泉地の雰囲気と合わさり良い写真となったと思います。
また、現像するまで画像が確認できない楽しさは、旅行のお土産の1つになるでしょう。

皆様もフィルムカメラを持って温泉旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。



OM-2 + OM 50mm F2 MC Macro



▼今回使用した機材はこちら▼








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2020年01月02日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む
〇〇越しの××

【FUJIFILM】〇〇越しの××[2020年02月23日]

カメラを持ち歩いて「どういうものを撮ろうかな」と考えたとき、 必ず意識していることの一つで “〇〇越しの××” というものがあります。 “引っ越しの××” ではございません。 所謂、前ボケを活かした写真です。 今回「FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」を使って、 そんな “〇〇越しの××” を撮ってきました。 “網越しの蛇口” 商店街を歩いているときに...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II

【OLYMPUS】万世橋・昌平橋界隈を歩く[2020年02月22日]

今回は御茶ノ水駅~秋葉原駅間を歩いてみました。 このあたりには今まで用事が全くなく、筆者にとっては東京駅や千葉方面に行く時の、 単なる「車窓の風景」でした。ふと、行ってみたいと思い、訪ねることに。 少し歩くだけでも歴史を感じさせる面白いものが次々と見つかり、 こんなに撮りたくなるものがあるのかと、驚きつつ撮影しました。 「こんな素晴らしい場所をなんで今まで知らなかった...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T3+CONTAX (コンタックス) Planar T*50mm F1.4

【FUJIFILM】X-T3 meets 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4[2020年02月22日]

2月も下旬を迎え、新宿にも梅の花が咲き始めました。 春の足音がすぐそこまで近づきつつある穏やかな気候が、カメラへの探究心や好奇心をくすぐります。 そこで今回は私の所有している数少ないオールドレンズを持ち出して、昨年末に丸の内界隈を散策した様子を僭越ながら紹介させていただきたいと思います。 ↓今回使用した機材↓ 【FUJIFILM】X-T3 【CONTAX】Planar T* 50mm F1.4 【K&F C...
続きを読む
D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む