Select Language

【Canon】音が聞こえる写真

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月25日 11時00分]


Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
-言葉を写真に-

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/6.3 1/60 ISO100

今回はCanonフルサイズボディ6Dと標準単焦点レンズEF50mm F1.8 STMを使用し、
音が聞こえてくるような写真に挑戦してみました。
写真を見ていただく中で、その場にいたらどんな音が聞こえるのだろうと想像しながら見ていただければ幸いでございます。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/5 1/30 ISO1600

ボディは初代6Dですので、新品は販売しておりません。
5年前に新品で購入し、買い替えを何度か検討しましたが、一生懸命貯金して購入したからか愛着が湧いてしまい、未だ手放せずにいます。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/2 1/60 ISO1600

レンズはEF50mmF1.8STMを愛用しております。
ひとつ前のモデルであるⅡ型とどちらを買うか迷いましたが、比較時にAF時の静音さと速さに魅力を感じ、現行を購入しました。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/2.8 1/60 ISO1600

フルサイズ一眼レフにも関わらず、この組み合わせですと重量はおおよそ915gと、かなり軽量です。
スナップ撮影する際も、ハンドストラップを腕に通し、片手で簡単に持ち運びができます。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/2.8 1/60 ISO5000

また、画像処理エンジンの質が高く、画素数が丁度良いため、高感度に非常に強いです。
上記の写真はISO5000で撮影しており、そこまで感度をあげてるとは思えない程のノイズの少なさにレベルの高さを感じます。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/5.6 1/25 ISO100

色合いは、どこか温かさを残してくれるような、赤がほんのり乗る色を出してくれます。
夕日の難しい色表現も絶妙なバランスで写ってくれました。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/13 1/50 ISO100

正直開放は若干色にじみ等起こしやすいですが、絞ることによって繊細な写りをしてくれます。
上記の写真も、立体的にリアルな雰囲気をそのまま写ってくれています。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/4 1/30 ISO1600

また、Nikonのフルサイズ用の50mmF1.8と比べ、Canonはかなり安いです。
他のメーカーのフルサイズ用の新品と比べても、破格な値段であることが分かります。
それなのに、この質の高さは本当に素晴らしいです。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/2.8 1/60 ISO1600

焦点距離50mmは、人間が普段見ている遠近感にとても近いレンズですので、標準の1本と言えます。
そして、50mmを使いこなすことで写真の理解が深まると言われております。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/9 1/160 ISO100

実際に、思うように撮れないときもありましたが、自分の撮る位置を変えたり、撮影場所自体を変えるなど、
目的に合わせて撮影スタイルを考える時間が多くありました。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/6.3 1/60 ISO100

歩きながら「音」が見えるところへ、直感的に撮ることが楽しかったです。
勿論、何も考えずに歩きながら撮る写真も最高に楽しいですが、撮りたい目的を持つことも撮影が新鮮に感じると思います。

Canon 6D+EF50mm F1.8 STM
f/5 1/30 ISO1600

「音」という単語を聞くと、私ははじめ「音楽」を想像し、自分の好きな曲や楽器の音を考えました。
ですが、ひとつひとつの音を意識して毎日を過ごしていると、こんなにも色んな音のなかで生活しているのだと気づいたことから、その「音」を写真で伝えられたらと思い、撮影しました。
少しでもこの写真たちから感じて頂き、写真には言葉がなくとも伝えてくれる力もあることを感じて頂けたら、とても嬉しいです。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月25日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む