Select Language

【街で見つけた形にフォーカス】カタチとアソブ【Canon】

[ Category: Canon|掲載日時:2020年01月07日 14時00分]



毎日厳しい寒さが続いております。皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
こたつと結婚された方、カイロが手放せない方、もしくは半袖で元気に走り回っている方もいらっしゃるかも知れません。
私はと言えば、いつも通り相棒のEOS 6D MarkⅡと共に各地を旅してまわっています。


さて、今回は【街で見つけた形にフォーカス】という事で、それらしいものを集めてみました。
過去のフォルダを探してみましたが、意外と無いものですね…。
数枚ピックアップしてみましたので、どうぞお付き合い下さいませ。


EOS 6D MarkⅡ+EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
まずは、まる。
これはもう、まるですね。まる。


EOS 6D MarkⅡ+EF85mm F1.2LⅡ USM
四角形がたくさん。
EF 85mm F1.2L Ⅱ USMを使用していますが、こう言ったカットには非常に向きます。


M10-P+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
M10-P+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
今年のお正月にとある海辺で撮影したものです。
この2枚はLeicaM10-Pとズミルックス M28mm F1.4 ASPH.を使用しています。
この時私の近くで小さなお子さんが凧揚げをしていたのですが、お父さんにずっと怒られながら半べそで糸を繰っていたのが印象的でした。
どうやらその子は、空高くまで凧を上げたかったようです。でもお父さんは枝に引っ掛かってしまうのを気にかけ、糸を伸ばさないよう注意していました。
私は心の中で子供を応援していたのですが、とうとうその凧が大空へ舞い上がることはありませんでした。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
何だか収まりの良いシュールなカット。
三角、四角と長方形です。こんな素敵な家に住みたいものです。


EOS 6D MarkⅡ+EF50mm F1.8 STM
これはちょっと無理があるかも知れません。
一応中央の噴水がまるです。marumiDHGソフトファンタジー2を使用したので、まるで白昼夢の様な雰囲気に。
ただ歩いているだけの人々も、このフィルターを使うだけで「まるで素敵なティーパーティーに行く途中」の様な…。素敵な世界観を表現してくれます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
電車です。
いつも通りの自作ピクチャースタイルで普通に撮影したら、何だか映画みたいな質感表現になりました。


EOS 6D MarkⅡ+EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
まるで巨大な魚の骨のような建造物。
これを見ると、子供のころに読んだ絵本を思い出します。11匹の猫たちが巨大な魚を食べに行く、夢いっぱいのお話です。
ラストがどうだったかどうしても思い出せないので、久しぶりに読み返してみたくなりました。


EOS 6D MarkⅡ+EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
素敵なショーウィンドウ。お洒落な中にも蛇の目模様のような迫力を感じます。


EOS 6D MarkⅡ+EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
最後はクラシックカーで。
丸みを帯びたフォルムが美しく、艶めかしさを纏うボディ。
アメリカンなロックをガンガンにかけ、西海岸をこんな車で流したら最高でしょう。
ドリンクホルダーにはポップコーンとコーラ。助手席にはパンチパーマの頼れる相棒を乗せて…。
そんな旅、してみたいですね。


【街で見つけた形にフォーカス】というのは、シンプルかつ奥の深いテーマなのかもしれません。
撮影する際は、被写体が人でも建造物でも、いったんただの「形」として認識し構図を整えるのも面白いかもしれない。
何だかそんな風に思う今日この頃です。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓











[ Category: Canon|掲載日時:2020年01月07日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む