Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その1

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月16日 12時45分]
「二眼レフ = ローライ」そんな風に思っている方、多いのではないでしょうか?(かく言う私がそうでした)完成度の高さにおいては、ローライがトップクラスに位置することは確かでしょう。でも世の中、本当にたくさんの二眼レフがあるんですね。日本でも二眼レフメーカーの社名の頭文字がアルファベットのAからZまで揃うくらい存在していたというのは、よく聞くお話。それぞれに個性的な仕組みやレンズを備えたカメラがありました。当時のメーカーの創意工夫・柔軟性には頭が下がります。
 で、今回は「フォクトレンダー ブリラント」ってドイツやん・・・ さっきの前ふりは何だったんでしょう・・・

ぶりらんと

 うーーん、かわいい!! 本当にブローニー判って思っちゃいますよね。
 フォーカシングフードを開けると、おーー、スクリーンがめっちゃ明るい! なんだ、この明るさは!! って感動すると、実は素通し・・・ なんと、目測なんですぅ・・・
 まあ、いいじゃないですか。二眼レフなんて今のカメラに較べたら、もともとかなりアバウトなんですから。もっと大らかにいきましょうよ。
 撮影レンズは、アナスチグマット スコパー。こちらはかなり抜けのよいレンズのようです。ピントさえ克服すれば、思わぬ感動が得られること必至!!(「必至」だったら「思わぬ」ではないですね。暴走してきちゃいました。)
 どーでしょう。トイカメラに負けないかわいさで、トイカメラを凌駕する写りが楽しめまる。持っといて損はないですよ!  (文責・イット)多分、続く。

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月16日 12時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!272票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む