マップカメラ店長がカメラについてアレコレ語る『極私的カメラうんちく』

マップタイムズオンライントップ極私的カメラうんちく > 第10回:最後のスプリングカメラ

第10回:最後のスプリングカメラ

スプリングカメラというジャンルをご存じだろうか。

 スプリングカメラはレンズの出っ張り部分をワンタッチで折りたたんで収納出来るカメラである。35mm判にも存在するが、多くは中判に属するフォーマットでブローニーフィルムを使用するカメラが最も多い。基本的な構造はシャッターを内蔵したレンズ部分とカメラボディがタスキと呼ばれる金属製のパンタグラフのような構造によって連結されており、レンズ後端からフィルムまでの間は大抵蛇腹で繋がっている。また単に折りたたんで薄くなるばかりではなく、レンズを収納したときはその上から自然にカバーが被さり完璧なアウターシェルが完成する。名前の由来はそのカバーを開けて、収納されたレンズを引っ張り出す時に途中までバネの力で飛び出すモデルが多かったために付いたと考えられる。

 この携帯時の安全性と小型化を同時に実現した合理的な構造に魅せられた愛好家は数多い。

 優れた構造を持つスプリングカメラだが、優秀な携帯性を持つ一方でボディとレンズの連動機構が作りにくい性質を持っている。つまり収納時にレンズ側のユニットが大きく移動することから、フィルム巻上げとシャッターチャージを一度に行うセルフコッキングや、レンズの繰り出しに連動する距離計を同時にボディに内蔵することが非常に難しいのである。これらは今時の一眼レフやレンジファインダーでは当たり前の性能だが、スプリングカメラに組み込むには多くの障害を乗り越える必要があった。スプリングカメラが最も盛んに作られたのは1950年代だが、結局その後は35mm判の台頭によって衰退してしまう。

 ところが衰退から久しい1980年代に入ってスプリングカメラの新製品が発売される。フジカ(現フジフィルム)のGS645である。

 GS645は6×4.5cm判スプリングカメラである。レンズシャッターは機械制御式だが、内蔵露出計はもちろん、ボディ側のレバー式巻き上げによるセルフコッキング機構、採光式ブライトフレームおよび二重像合致式の連動距離計ファインダーを搭載し、黒いプラスチックの外装も手伝って往年のスプリングカメラとは全く別物の印象である。それでいてスプリングカメラの最大の特長である携帯性は全く失われておらず、折りたたんだ時の体積はレンジファインダー機であることを差し引いても、現存する中判カメラの常識をも大きく超えている。さらに往時のスプリングカメラでは前玉回転式が普通だったレンズの繰り出しを全群の繰り出し式とし、近接撮影時の画質の劣化が無いように最大限の配慮がなされている。

 1980年代はAE(自動露出)などの普及により使い勝手の向上した中判カメラの人気が向上し、35mm判を陵駕するプリント画質によって中判カメラは再評価の時代を迎えていた。そして一眼レフによって人気を得た645判フォーマットはそのサブシステムとして小型軽量のレンジファインダー機の需要を生み出し、究極の携帯性を追求した結果がスプリングカメラに行き着いてしまったと言える。しかし便利なカメラに慣れたユーザーにとって不便な使い勝手は到底受け入れられない。そこで従来のスプリングカメラの弱点をことごとく克服して製品化されたのがGS645である。

 GS645はその後のNewマミヤ6やGAシリーズへと続く新世代の中判レンジファインダー機の先鞭といえるだろう。

 しかしその後はスプリング式を採用した中判カメラは発売されていない。
 当のGSシリーズも、その後広角レンズを搭載しレンズ固定式としたGS645SとGS65Wの2機種が加わったが、なぜか唯一スプリング式のGS645だけが早々と生産を終了してしまった。一説ではスプリング式で可動部分が多いことの弊害が強度面や精度面に出たためとも言われているが、詳細は不明である。

 いずれにせよ並外れた特長をもつ製品だけがはなつ存在感は、発売から20年以上を経過した現在でも全く薄れてはいないのは確かである。事実登山を趣味とする人たちや、山岳写真家にはいまだに実用品としての愛好者が多いと聞く。グラム単位で荷物の重さを気にかける人たちにとって、GS645はこの上ないパートナーといえるだろう。あいにく筆者に登山の趣味はないが、それでもGS645が多くのひとが復刻を夢みるカメラの一台であるのは間違いないと信じている。

written by ストロベリー小野
この記事のカテゴリーは『極私的カメラうんちく』です | 2005年10月20日

2009年09月20日
液晶モニターであれ、紙であれ、写真は平面で鑑賞するものというのが当たり前の概念である。しかし、フジフイルムから発売されたFinePix REAL 3D W1は3D写真を手軽に撮影ができて、また3D写真の再生も背面液晶でその場で出来るなど、写真の概念さえ大きく書き換えられかねないインパクトを持っている。 FinePix REAL 3D W1が発表されたのは今年3月のPIE(フォトイメージングエキスポ)の会場である。フジフイルムのブース中央にモックアップと試作機が展示されていたのをご記憶の方も多いだろう。 言うまでも無くF...
この記事を面白いと思った人 336人
2009年08月20日
世に言うヒット商品とは沢山あるが、戦後のカメラ史を紐解いてみると、面白いことにおよそ10年に一度の割合で爆発的なヒット商品が生まれていることがわかる。 ■リコーフレックス III  発売年月:1950年9月  発売時定価:7,300円 二眼レフの定価が3万円前後だった時代に定価7,300円で発売され、爆発的ヒットとなる。カメラの生産台数といえば一機種で数千台が普通だった時代に、当時としては空前の月産1万台を達成した。この大量生産対応のために、ベルトコンベアー方式の生産ラインが導入される。この...
この記事を面白いと思った人 368人
2009年05月20日
アートフィルターを内蔵したオリンパスE-620が人気だ。 アートフィルターの特殊効果は、言ってみればどれも画像処理ソフトがあれば加工が可能なものばかりだが、いかにデジタル画像が加工の汎用性が高いといっても、いざ撮影後の編集環境が万全なユーザーばかりではない。またそういった現状に加え、特殊効果を得ながらも純粋に撮影だけを楽しみたいというユーザーの思惑をうまく捉えたのがアートフィルターだといえる。 アートフィルターは、まさにデジタル世代のために生まれた発想であり、また機能であると...
この記事を面白いと思った人 321人
2009年04月20日
光学ファインダーが駆逐されている。 比較的最近まで、コンパクトデジタルカメラにはフィルムコンパクトカメラのような光学ファインダーが付いていたのを覚えておいでだろうか。往年のコンパクトデジタルカメラには、主に明るい日中の撮影時に液晶モニターが見えづらい場合のために、また長時間液晶モニターを見ながら撮影すると早く電源を消耗してしまうという理由から、現在と同様液晶モニターによるライブビュー撮影も可能な仕様だったにも関わらず、必ずといって良いほど光学ファインダーも付いていた。し...
この記事を面白いと思った人 506人
2009年03月20日
ズームレンズといえば現在の写真用レンズとして中核的な存在であり、ズームレンズが無ければ写真産業や写真文化はもはや全く成り立たないほどである。現在の交換レンズのラインナップは、特に使用頻度の高い焦点距離領域はズームレンズによって何重にもカバーされている。もちろん単焦点レンズでなければカバーできない領域はある程度残っているにせよ、それもほんの僅かである。また現在、高性能ズームレンズの描写性能は単焦点レンズに匹敵するものとなり、中には単焦点レンズの画質を上回るものさえあるという...
この記事を面白いと思った人 447人
マップタイムズオンライントップ極私的カメラうんちく > 第10回:最後のスプリングカメラ

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号