LEICA V-LUX40 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA V-LUX40 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40



『V-LUX40』、GPSやデジタルフィルター、動画撮影、更に35mm換算で24mmから480mmまでの20倍ズームまで様々な多機能をコンパクトに集約。ライカらしいすっきりと高級感のある外装でまとめた新コンパクトです。 そのスペックからすると考えられないほど薄く、軽く、コンパクト。まさにポケットサイズと言えるそのパッケージングは日常撮影のパートナーとして、とても魅力的に感じます。
肝心の描写も、ワイド端でこの写りであれば文句の無いもの。風景のどこを切り取るか、20倍もの高倍率ズームは風景を選ぶ自由を与えてくれます。




LEICA V-LUX40 絞り:F5.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

ガラスや金属、光のあたった靴の質感も無理無く表現されています。街を歩きつつ、気になったものをサッと留める事が出来る。メモスケッチのような使い方にも最適です。




LEICA V-LUX40 絞り:F3.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40



ピントのあった面はグッと前に出てくる描写力。画素数の高さゆえか、その緻密な情報量の多さはパッと見ても把握できるものです。ISO感度を抑え、しっかりと手ぶれに備えればプリントにも対応した、かなりクオリティの高い写真を撮る事が可能です。用途に応じた選択肢が多いのは、万能性を求められるコンパクトとしてはうれしいものです。




LEICA V-LUX40 絞り:F3.3 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

逆光にもかなり強く、強い光源を入れてもゴーストの1つも生じません。ビルの外壁の独特の曲線、つややかさを見事に表現しています。




LEICA V-LUX40 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:LEICA V-LUX40





LEICA V-LUX40 絞り:F6.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA V-LUX40

望遠域で、マクロを。さすがに400mmともなると手ぶれには慎重に。街中をさっと撮り歩くには、ISOオートで手ぶれに備えると、満足のいく仕上がりになるかもしれません。




LEICA V-LUX40 絞り:F3.3 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

深みのある良い描写です。彩度は少々低めの地味な描写ですが、少しアンダー目に振った時のシャドーから浮かび上がるようなグラデーションは美しいものです。




LEICA V-LUX40 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40





LEICA V-LUX40 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

渋めな、大人な色再現で、ライカらしいと言えるのではないでしょうか。先に試写を行った『LEICA X2』の再現もかなり渋い描写でしたが、その路線を踏襲した雰囲気です。Jpeg撮影がメインのコンパクトでは、気に入った雰囲気を描いてくれるカメラが絶対におすすめですから、その点でこうした落ち着いた描写を好まれる方に、『V-LUX40』はおすすめのカメラです。




LEICA V-LUX40 絞り:F6.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40





LEICA V-LUX40 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

港を出る船、港湾部の行き交う船影も、これだけの倍率であれば肉眼で見た以上に細かく描写してくれます。船名さえ読み取れるのですから、そのズームレンズの性能の高さもしっかり表されています。




LEICA V-LUX40 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA V-LUX40

う〜ん、渋い。でも良い雰囲気です。夕暮れの、少し寂しい港湾部の雰囲気をしっかり捉えてくれました。水面の反射や、高速道路の立体感。そして雲の細やかな描写など、文句の無い再現です。





撮影してきた写真を見ても、マクロ、超望遠、広角と、驚くほどいろいろな視点で撮影を楽しめる事が分かります。まさか、この1台でと思うほど、可能性の多い『V-LUX40』。しっかり構えても、軽快に撮影しても、そのスタイルにしっかりついてきてくれるカメラです。


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

ボディカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Leica D-LUX / V-LUX / C-LUX|掲載日時:2012年05月20日 21時04分]

Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH.

LEICA S3[2020年04月01日]

焦点距離:100mm(35mm換算80mm相当) / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800使用機材:Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH. LEICAS3 プロフェッショナルフォトグラファーからのフィードバックをカメラ開発に取り入れ、ユーザーのニーズを満たすミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム。『Leica (ライカ) S3』をご紹介。ミド...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む



閉じる