Noctilux 50mm/f1.0 4th | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0



ノクチルクス、ライカ社のレンズラインナップの中でも最速を誇る大口径ハイスピードレンズです。F1.0と数値上では人の眼と同じ明るさを持つそのスペックは、それだけでも十分に使ってみたいと思わせるもの。その独特な描写と大きなボケから愛好者も多く、「暗闇を制するレンズ」などと称されストロボを用いる事の少ないライカでは大きな役割を担うレンズです。
デジタルでもその独特な描写は健在で、最短近くにピントを持ってきた際のその薄さ、背景にとけ込んでいくようなボケともに独自の描写世界を持つレンズです。



LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0

中距離でも開放ではこの被写界深度。ミニチュアであると錯覚させそうなほど、前後のボケは大きなものです。ただしピント面の描写はさすがライカ。石のざらりとした質感とともにしっかり描き出しています。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0





LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0


こういった描写は、やはりノクチルクスならではの描写と言えそうです。M9などはシャッタースピードも1/4000まであり、感度もその都度かえられるのでこのレンズのキャラクターを生かすには最適な組み合わせと言えるかもしれません。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0

光量の少ないシチュエーションではやはり重宝します。描写の柔らかさも被写体に合っている様ですね。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F13 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0

絞り込めば、シャープでたいへん線のしっかりしたレンズに早変わり。強烈な逆光でもフレアも生じず、雲の細かな様子まで描写しているのには驚きました。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0

湿度感のある、オールドレンズのような優しく柔らかな描写。上の写真とのギャップは強烈で、この個性こそノクチルクスを求める人が断たない要因でしょう。使いこなせれば1本でも様々な世界を描く事が出来そうです。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0






LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0

夜の街に繰り出すにも、このレンズであれば心強いもの。これまで撮れなかったシチュエーションが撮れる、というのは嬉しい限り。




LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0






LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Noctilux 50mm/f1.0








迫力のある大きなレンズで、いかにも大口径!といった佇まいの本レンズ。ただ予想以上にMボディとの相性は良く、ボディバランスがいいのか取り回しは良好でした。ただこの描写に魅せられてしまっては、少々の重さなど苦にはならないかもしれません。ノクチルクス、魅力あふれる1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Noctilux|掲載日時:2012年06月30日 00時10分]

LEICA  NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.

LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.[2018年04月06日]

絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.2 1st[2014年02月20日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 闇を制するレンズ、ノクティルクス。その驚愕の大口径レンズが生まれたのは1966年、フォトキナでその全貌が発表された時には大きなニュースとして取り上げられた。今に続く歴史を持つ超大口径レンズファミリーであるが、その初代が今回レポートした1本。非...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.0 2nd Type-E58[2012年12月25日]

絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Noctilux50mm/f1.0 Type E58 "あるがままの光で撮影するレンズ"として誕生したノクティルクス50mm。超大口径レンズとしてその名を知られるレンズだが、初代はF値が1.2。この第2世代で初めてF1.0を達成した。今回使用したのはF1.0のノクティルクスの中でも初期に製造されたレンズで、そ...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.0 3rd[2012年07月22日]

絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0 ライカの大口径標準レンズであるNoctiluxにも様々なバリエーションがありますが、今回試写に使用したのはF1.0になった後、口径がE60となった第3世代。この後にフード組み込み式になる前回リポートした第4世代が続きます。「ある年代でガラス硝材が変更になった、設計が...
続きを読む

Noctilux 50mm/f0.95 5th[2012年07月11日]

絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Noctilux 50mm/f0.95 F0.95、現在市販されている写真用レンズとしては唯一のそのスペックはこのレンズの非凡さをいやが上にも知らしめるものです。第2世代から通常の球面構成で続いたNoctiluxの系譜も、ここにきて再度のASPHERICAL化。更なる大口径化を果たしました。その描写にも注...
続きを読む



閉じる