APOQUARIA 50mm/f3.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:3.5/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5



写真が発明されてから現在に至るまで、様々なレンズが開発されてきました。その中でドイツの名門フォクトレンダー社が開発したレンズ『へリアー』を復活させたのがこの『APOQUARIA 50mm』です。 その魅力は端正で繊細、上品なその描写にあります。『APOQUARIA』も開放からその描写は驚くほど緻密。複雑な構成で無いが故の発色の澄んだ事とあいまって、被写体の良さをそのまま引き出すような、本当に気持ちの良い描写です。


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.7eV / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 露出補正:-0.3eV / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.7eV / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5



質感描写、ガラス質の触れられる様な描写は、とても90gのレンズの描写とは思えないものです。ガラスは滑らかに、後ろの生地は少し粗く、それぞれがしっかりと描き出されています。専用の付属フードも小さいながら金属製のしっかりしたもので、小さく軽く、沈胴式の利点もあいまって取り回しの良さも大きな魅力です。


Leica M9-P + APOQUARIA 50mm F3.5 絞り:F8/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.7eV / 使用レンズ:APOQUARIA 50mm F3.5




沈胴状態では、まるでレンズキャップの様なレンズながら、その実力は驚くべきもの。ドイツ製の10枚絞りはどの絞り値でも真円に近く、描写には手を抜かない作りをしっかりと感じる事が出来ます。ぜひじっくり付き合ってみて下さい。派手で人目を引くスペックは無いながら、しみじみ良い描写を感じていただけるハズ。期待を裏切らないレンズだという事、実感していただける事と思います。


Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: World Leica Mount Lens|掲載日時:2012年03月01日 18時41分]

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P

LEICA Q-P[2019年01月22日]

絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7

LEICA D-LUX7[2019年01月22日]

焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む



閉じる